【筋トレ初心者】トレーニングチューブがおすすめな理由を解説

どーも!ゆたぽんです。

  • 手軽に鍛えれないかなぁ。
  • お金が掛けたくないし。
  • トレーニングチューブの使い方を知りたい。

 

こんな悩みを持つあなた。

トレーニングチューブを買えば全部解決ですよ。

この記事を読んで分かる事

  1. トレーニングチューブとは
  2. トレーニングチューブの使い方
  3. トレーニングチューブのメリット
ハリネズミ
一つだけ筋トレアイテムを勧めれるとしたら?

絶対に、トレーニングチューブ…。

これは間違いないです。

何故なら、トレーニングチューブは

  • 安く
  • 尚且つ
  • 簡単に
  • 全身を
  • 圧倒的に
  • 鍛えれる

からです。

 

トレーニングチューブを使えば

  • ダンベル
  • バーベル

なんて使わなくても全身をくまなく鍛える事が出来ます。

 

  • フィジーク
  • ボディビル

の選手たちもバックステージでパンプさせる際にはトレーニングチューブを使っています。

 

そんな人類最高峰レベルのマッチョたちも使っているトレーニングチューブ。

なんと初心者も効率的に鍛える事が出来るんです。

 

今日はそんなトレーニングチューブ。

ゆっくり、じっくり解説していきたいと思います。

【筋トレ初心者】トレーニングチューブとは

トレーニングチューブとはこんなやつです。

 

トレーニングチューブの特徴は

  • ゴムで出来てる
  • 強度を自由に変えれる
  • 初心者から
  • 上級者まで
  • 誰でも使える

こんな所です。

 

トレーニングチューブはゴムでできています。

その為、その伸び縮みの力を利用して鍛えるわけです。

 

伸縮の強度もゴムのどこを持つかで調整できるために、初心者~上級者まで誰でも鍛える事が出来るんです。

 

そんな、万能なトレーニングチューブのメリットを解説していきたいと思います。

 

【筋トレ初心者】トレーニングチューブのメリット

筋トレ初心者におすすめのトレーニングチューブのメリットは以下の3つです。

  1. 費用対効果抜群
  2. 場所を取らない
  3. 全身鍛えれる

 

トレーニングチューブは使わない理由が無いほど万能です。

それは上記のメリットがあるから。

 

一つ一つ解説していきます。

【筋トレ初心者】トレーニングチューブのメリット➀費用対効果抜群

筋トレ初心者にトレーニングチューブがおすすめなメリット➀は費用対効果が抜群だからです。

理由は以下です。

  • どこでも筋トレできる
  • 強度の調節も出来る
  • なのに、安い

マジで最強です。

 

ここまで融通が効くトレーニングアイテムはトレーニングチューブしかありません。

  • 鉄アレイ
  • ダンベル

 

なんかよりも、先ずトレーニングチューブを買いましょう。

【筋トレ初心者】トレーニングチューブのメリット②場所を取らない

筋トレ初心者にトレーニングチューブがおすすめな理由②は場所を取らないからです。

 

トレーニングチューブは、ゴムで出来ている一本のヒモのような形状をした器具です。

 

そのため、普段使わない時はめちゃくちゃコンパクトに保管できるんです。

 

  • 結ぶもよし
  • 丸めるもよし
  • どこかに引っ掛けるもよし

 

とにかく保管場所に困りません。

 

これがトレーニングチューブ2個目のメリットです。

【筋トレ初心者】トレーニングチューブのメリット③全身鍛えれる

筋トレ初心者にトレーニングチューブがおすすめな理由③は全身鍛えれるからです。

 

トレーニングチューブで鍛えることの出来る部位は

  1. 前腕
  2. 背中

です。

リス
まさに全身!!
ハリネズミ
便利すぎぃぃぃぃぃぃ

家で満足に全身鍛える事の出来るアイテムはどれだけ探しても、トレーニングチューブだけでしょう。

 

そんなトレーニングチューブを使った全身の筋トレ方法を解説していきます。

【筋トレ初心者】トレーニングチューブの使い方

トレーニングチューブの使い方は、多種多様です。

 

ゴムだから。

 

そんなトレーニングチューブを使った具体的な筋トレ方法を解説していきたいと思います。

【筋トレ初心者】トレーニングチューブの使い方➀胸

筋トレ初心者におすすめしたいトレーニングチューブの使い方➀は胸の種目です。

胸の種目では、

ケーブルインクラインフライ

に似た動きをトレーニングチューブで再現したいです。

 

この動きを再現することにより、胸筋の上部を鍛える事が出来るようになります。

ケーブル
インクラインフライ
のやり方

  1. トレーニングチューブを脚でふむ
  2. 脚幅は肩幅ほど
  3. トレーニングチューブを持つ位置を調整して負荷を調節する
  4. そのまま腕を伸ばしたまま
  5. 内側に締めるように腕を動かす
  6. 胸筋の収縮を感じる事を意識する
  7. そのまま元の位置に戻す
  8. これの繰り返し

 

負荷の調整が肝になります。

 

しっかり、負荷を掛けて尚且つインクラインに刺激を入れましょう。

【筋トレ初心者】トレーニングチューブの使い方②肩

筋トレ初心者におすすめしたいトレーニングチューブの使い方②は肩の種目です。

 

肩の種目では、サイドレイズをトレーニングチューブで再現したいです。

 

サイドレイスは、肩の中部。横の特に張り出しに影響する部分です。

 

この部分を鍛える事によって肩がどんどん丸くなります。

 

サイドレイズの
やり方

  1. トレーニングチューブを脚で踏む
  2. 脚幅は肩幅ほど
  3. トレーニングチューブを持つ位置を調整して負荷を調整する
  4. 持ったまま両腕を左右に広げる
  5. この時、肘から上げるように意識する
  6. 上げたら元の位置に戻す
  7. これを繰り返す

【筋トレ初心者】トレーニングチューブの使い方③二頭筋

筋トレ初心者におすすめしたいトレーニングチューブの使い方③は二頭筋の種目です。

 

二頭筋の種目ではハンマーカールを意識したいです。

 

ハンマーカールは、

  1. 二頭筋
  2. 前腕筋

どちらにも刺激の入る便利な種目なので紹介します。

 

ハンマーカールの
やり方

  1. トレーニングチューブを脚で踏む
  2. 脚幅は肩幅ほど
  3. トレーニングチューブを持つ位置を調整して負荷を調整する
  4. 手の親指が見えるようにする
  5. そのまま、前腕~二頭筋までを絞るように腕を曲げる
  6. これの繰り返し

【筋トレ初心者】トレーニングチューブの使い方④三頭筋

筋トレ初心者におすすめしたいトレーニングチューブの使い方④は三頭筋の種目です。

 

三頭筋ではキックバックを意識したいです。

 

この種目は通常ダンベルを使って行います。

 

三頭筋を絞り切る事が出来るのでおすすめな種目の一つです。

 

キックバックの
やり方

  1. トレーニングチューブを脚で踏む
  2. 脚幅は肩幅ほど
  3. トレーニングチューブを持つ位置を調整して負荷を調整する
  4. トレーニングチューブを持ったまま体を前傾させる
  5. この時腕は体に付けて肘は曲げた状態
  6. この状態から肘を思いっきり伸ばす
  7. 三頭筋を思いきり収縮させたら
  8. また元に戻す
  9. これの繰り返し

【筋トレ初心者】トレーニングチューブの使い方⑤背中

筋トレ初心者におすすめしたいトレーニングチューブの使い方⑤は背中の種目です。

 

ここでは、ローイングを意識したいです。

 

ローイングはダンベルで行う広背筋を意識した筋トレです。

 

トレーニングチューブを使ったローイングはあっという間にパンプ感を得る事が出来るのでやっていて楽しくなります。

 

ローイングのやり方

  1. トレーニングチューブを脚で踏む
  2. 脚幅は肩幅ほど
  3. トレーニングチューブを持つ位置を調整して負荷を調整する
  4. そのまま体を前傾させる
  5. 腕をだらんと伸ばす
  6. 肘が背中を超えるくらい引っ張る
  7. ゆっくり腕をだらんとする
  8. これの繰り返し

【筋トレ初心者】おすすめのトレーニングチューブ:まとめ

【筋トレ初心者】おすすめのトレーニングチューブ:まとめです。

トレーニングチューブは、

初心者~上級者

まで誰でも使える便利な器具です。

 

さらに、以下の3つのメリットがあります。

  • コスパ最強
  • 保管場所に困らない
  • 全身鍛えれる

 

さらに、全身鍛えれる種目の例として、

  • 二頭筋
  • 三頭筋
  • 背中

これらの種目を解説しました。

 

文字通り全身を鍛える事が出来る圧倒的に使いやすい筋トレ器具です。

 

今日も何か一つでも有益な情報をお届け出来ていれば、幸いです。^^b

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 筋トレって メリットばっか聞くけど デメリットって本当にないの? 実はあるんです。 筋トレにもデメリットが。 今日は筋トレを10年続けてきた僕が筋トレのデメリット10個[…]

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 サーキットトレーニングって何? やり方や、メリット デメリットって何なの? 今日はこんな悩みに答えていきます。 この記事を読んで分かる事 サーキットトレーニング[…]

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 運動しないといけないのは分かっているけど、 仕事で疲れてて中々出来ないし。 ずっと同じ姿勢でいるから、脚のむくみが治らない…。 こんな人いませんか? 今回の記事ではこんなあなたのお悩みを解決[…]