【筋トレ初心者】プッシュアップバーをおすすめする理由

どーも!ゆたぽんです。

  • 自重トレの強度を上げたい。
  • 普通の腕立てでは不満。
  • 腕立てをすると手首が痛くなる。

 

今日はこんなあなたに向けてプッシュアップバーを解説したいと思います。

 

この記事を読んで分かる事

  1. プッシュアップバーとは
  2. プッシュアップバーの使い方
  3. プッシュアップバーのメリット

 

先に結論を言うと、

腕立てするなら

プッシュアップバーがいい!!

です。

 

多くの人は普通に腕立て伏せから始めると思います。

 

しかし、

  • なれる
  • 強度不足
  • 筋肥大しない
  • 筋トレに飽きる

こんな悪循環に陥りますよね。

 

そんな悪循環を断ってくれるのがプッシュアップバー。

 

プッシュアップバーを使うとあなたのマッチョ化が加速します。

 

今日はそんなプッシュアップバーを解説していきます。

【筋トレ初心者】プッシュアップバーとは

プッシュアップバーとはこんなやつです。

 

プッシュアップバーは、

  • 腕立て伏せ時の
  • 関節への負担を減らし
  • 尚且つ
  • 腕立て伏せの強度を
  • 高めてくれる
  • アイテム

です。

 

はっきりいってメリットだらけなので、使わない手はありません。

 

そんなプッシュアップバーのメリットを解説していきたいと思います。

 

【筋トレ初心者】プッシュアップバーのメリット

筋トレ初心者におすすめなプッシュアップバーのメリットは3つあります。

 

  1. 強度UP
  2. 怪我の防止
  3. ジムへの足掛かり

これに加えて、1つ2000円未満で買えるというコスパも最強な超有能アイテムなんです。

 

一つ一つ解説していきます。

【筋トレ初心者】プッシュアップバーのメリット➀強度UP

筋トレ初心者におすすめするプッシュアップバーのメリット➀は強度UPです。

プッシュアップバーは可動域が広がるために筋トレの強度が上がります。

 

  • 通常の腕立て伏せ
    …地面と手の間に隙間が無い。
  • プッシュアップバー
    …バーがある為に10数センチ地面と手に隙間が出来る。

この差は大きいです。

 

この10数センチの幅は通常の腕立て伏せよりも大きく胸筋をストレッチさせることが出来ます。

 

筋トレの強度を高める上でストレッチは大きな割合を占めています。

 

そういう意味で通常の腕立てより大きな効果を生みます。

【筋トレ初心者】プッシュアップバーのメリット②怪我の防止

筋トレ初心者におすすめしたいプッシュアップバーのメリット②は怪我の防止です。

 

プッシュアップバーを使った腕立て伏せは関節の負担が最小限です。

その為、手首の怪我の防止になります。

 

  • 腕たせ伏せ
    …基本手首が曲がっている
  • プッシュアップバー
    …手首はまっすぐなっている。

 

さらに、もしあなたがベンチプレスに挑戦することを視野にいれているなら、この技術が必要です。

 

何故ならベンチプレスも手首をまっすぐにしたまま行う筋トレだからです。

 

腕立て伏せで手首を怪我する事例は少ないかも知れません。

 

しかし、ベンチプレスなら簡単に怪我します。

 

プッシュアップバーでの腕立て伏せは今と、未来の怪我の予防に繋がっているんです。

【筋トレ初心者】プッシュアップバーのメリット③ジムへの足掛かり

筋トレ初心者におすすめのプッシュアップバーのメリット③はジムへの足掛かりになるからです。

メリット②でも解説しましたが、手首を曲げずに筋トレする技術はジムに行けば必須になります。

 

何故なら、

  • ジムでの
  • 筋トレは負荷がデカい
  • 関節の負荷が大きい
  • 関節の負荷をなるべく減らす必要がある
  • それには、関節を曲げないのが一番

だからです。

 

とくに手首の関節に負担が掛かるのがベンチプレスです。

 

僕自身ベンチプレスで手首を怪我して3カ月日常生活に支障が出ました。

 

ジムに行く前から手首の動きなどは押さえてからジムに行った方がいいです。

 

更に、怪我以外にも

  • 筋肉を意識する力
  • 基本的な筋力アップ
  • ストレッチの感覚

これらを養う事も出来ます。

 

そのため、プッシュアップバーによる腕立て伏せはジムへの足掛かりになるんです。

【筋トレ初心者】プッシュアップバーの使い方

プッシュアップバーの使い方は、基本は通常の腕立て伏せと一緒です。

プッシュアップバーの使い方

  • 通常の腕立て伏せの態勢を取る
  • 手を地面につける所をプッシュアップバーに置き換える
  • そのまま腕立て伏せをする

基本はこれだけです。

 

しかし、筋トレ効果を最大化するために、以下のようなコツがあります。

  1. ストレッチさせる
  2. やり方を変える
  3. 筋肉を意識する

 

この3つを加えて解説していきたいと思います。

【筋トレ初心者】プッシュアップバーの使い方➀ストレッチ

筋トレ初心者に注意してい欲しいプッシュアップバーの使い方➀はストレッチさせる事です

 

プッシュアップバーは地面から10数センチ程地面と離れています。

つまり、通常の腕立て伏せよりも

より深く沈める

んです。

 

つまり、どういうことかと言うと

より胸筋をストレッチ出来る

という事です。

 

ストレッチは筋肉に大きな負荷を与える要因です。

 

しっかりギリギリ限界まで体を沈めて胸筋が割けそうなくらいストレッチさせましょう。

 

そこまでやって初めてプッシュアップバーの効果が最大化されます。

【筋トレ初心者】プッシュアップバーの使い方②バリエーション

筋トレ初心者に注意してい欲しいプッシュアップバーの使い方②はバリエーションを持たせる。という事です。

 

プッシュアップバーは、基本どこにおいてどう腕立て伏せを行っても問題ありません。

 

その利点を最大限に活かしましょう。

 

  • 手幅を最大限広くする…ストレッチ狙い
  • 手幅を少し狭くする…収縮狙い
  • 手幅をとても狭くする…三頭筋狙い

 

手幅の調整だけでもこれだけ狙いに幅を持たせることが出来るんです。

 

ただひたすら同じ位置で同じだけやるのでは勿体ないです。

 

更に、このように筋トレにバリエーションを持たせるメリットがいくつかあります。

 

  • マンネリ化防止
  • 様々な角度からの刺激
  • 均等にデカくなる

 

同じ種目でも角度の変化によるバリエーションは重要です。

【筋トレ初心者】プッシュアップバーの使い方③筋肉の意識

筋トレ初心者に注意してい欲しいプッシュアップバーの使い方③は筋肉に対する意識です。

 

要は、

マッスルコントロール

の事ですね。

 

マッスルコントロールとは、その名の通り筋肉を意識して動かす。事です。

 

筋トレにはこの技術が欠かせません。

 

  • 胸トレをしているのに、肩に入る
  • 背中トレをしているのに、二頭筋に入る

 

これではいつまで経っても思ったように大きくなりません。

 

  • いま
  • どこを
  • 鍛えているのか

 

これは必ず意識しましょう。

【筋トレ初心者】プッシュアップバーの解説:まとめ

【筋トレ初心者】プッシュアップバーの解説:まとめです。

筋トレに幅を持たせてくれる器具。

 

それがプッシュアップバーです。

 

そんなプッシュアップバーには3つのメリットがあります。

  1. 筋トレの強度を高める
  2. 筋トレによる怪我を最大限小さくする
  3. 正しい鍛え方、基礎的な筋力を身に付けてジムへの足掛かりになる

この3つです。

 

更に、プッシュアップバーで鍛える際には3つの注意点がありました。

  1. 最大限のストレッチを意識する
  2. 角度・手幅をを変えてバリエーションを増やす
  3. 今どこを鍛えているのか、筋肉を動かす意識をする

以上の3つです。

 

プッシュアップバーを使いこなす事が出来れば確実にあなたの筋肉はもう一つ上のレベルにあがります。

是非使ってみましょう。

今日も何か一つでも有益な情報をお届け出来ていれば、幸いです。^^b

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 ケイ素(シリカ)がいいって効くけど 一体何なの? ケイ素(シリカ)最近海外なんかでも少しずつ有名になってきている成分ですよね。 実はこのケイ素めちゃくちゃ有能なんです。 この記事を読んで[…]

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 ダイエットしたいから ジムに行こうと思う!! だけど、不安だし…。 トレーニングの方法も分からない。 今日は、こんなあなたのためにジムは怖くない!!って事を解説したいと思いま[…]

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 マルチビタミンって何? 筋トレとマルチビタミンの関係は? マルチビタミンは飲むべき?   今日は、こんな疑問に答えていきたいと思います。   […]

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 筋トレって メリットばっか聞くけど デメリットって本当にないの? 実はあるんです。 筋トレにもデメリットが。 今日は筋トレを10年続けてきた僕が筋トレのデメリット10個[…]