【カルニチンに効果はない!?】注意点と摂取方法を徹底解説

どーも!ゆたぽんです。

リス
カルニチンってなに?
ハリネズミ
本当に痩せる事出来るの?
リス
副作用や摂取方法が知りたい!

今日はこんな悩みを解決していきたいと思います。

この記事を読んで分かる事

  • カルニチンとは
  • カルニチンの効果
  • カルニチンの副作用
  • カルニチンの摂取方法

 

先に結論を言うと、

  • カルニチンは
  • ダイエット効果のある人と
  • ダイエット効果のない人に分かれる

です。

 

今日はなぜ使う人によって効果が分れるのか?

 

摂取した時の副作用なんかを解説していきたいと思います。

 

カルニチンは上手に使うことさえ出来ればダイエットの役に立つサプリなので有効活用していきましょう。

カルニチンとは

カルニチンとはイメージ図

カルニチンとは体内で合成されるビタミン様物質です。

 

ビタミン様物質

  • ビタミンようぶっしつ
  • ビタミンに似た機能作用を持つ物質の事

 

主に肝臓や腎臓で、

  • メチオニン+リジン=カルニチン

で合成されます。

 

カルニチンは、体内で合成出来る成分ですがその元の成分である

  • メチオニン
  • リジン

は必須アミノ酸で体内で生産出来ない成分です。

 

また、2つの必須アミノ酸のほかに

  • ビタミンC
  • ビタミンB₆
  • ナイアシン

などが必要になります。

 

一つでも欠如するとカルニチンは生産出来ません。

ハリネズミ
なるほど、作られるのに色々いるんだね
リス
そんなカルニチンの効果は?

カルニチンの効果

カルニチンの効果イメージ図

カルニチンの効果は大きく2つの効果があります。

  1. エネルギー生産
  2. 脂肪燃焼

この2つです。

 

この2つの効果によってカルニチンはダイエットに向いていると言われています。

 

解説していきます。

カルニチンの効果➀エネルギー生産

カルニチンの効果➀はエネルギー生産です。

 

カルニチンは

脂質→エネルギー

に変換する効果を持っているんです。

 

そもそも、主なエネルギーの生産源は

  • 糖質
  • 脂質

このどちらかです。

 

しかし、これらはそのままエネルギーになるわけではなくて、

  • 糖質→グリコーゲン→エネルギー
  • 脂質→脂肪酸→エネルギー

の様に変換してエネルギーに変わります。

 

カルニチンはこの脂肪酸→エネルギーの過程で必須の栄養素なんです。

 

先ず、脂質の場合の脂肪酸を順序だてて説明すると、

 

  1. 脂質から脂肪酸に変換する
  2. 脂肪酸を酸化してエネルギーとして使えるようにする
  3. 酸化する過程で、脂肪酸のままでは通れない部分がある
  4. そこで、カルニチンと合体する
  5. 結果酸化に成功無事エネルギーに変わる

 

こういった順序になります。

 

これがカルニチンの1つめの効果エネルギー生産です。

カルニチンの効果②脂肪燃焼

カルニチンの効果②は脂肪燃焼です。

 

脂質はカルニチンが無ければエネルギーとして使用する事が出来ません。

 

なので、そもそも脂肪をエネルギーとして燃焼する効果があると言えます。

 

体の主なエネルギー源は

  • 糖質→グリコーゲン→エネルギー

です。

 

しかし、長時間の運動によってエネルギー消費比率が

  • 脂質→脂肪酸→エネルギー

の割合が大きくなっている事が分かっています。

 

そのため、カルニチンは

  • ランニング
  • ウォーキング
  • 水泳

などの有酸素運動の脂肪燃焼効果を高めてくれる効果があります。

カルニチンの副作用

カルニチンの副作用イメージ図

カルニチンの副作用は

体臭の変化

です。

カルニチンは腸内細菌によって代謝されてしまうと、TMAOという物質を生産する可能性があります。

 

TMAOとは

  • トリメチルアミンNオキサイドの事
  • 低濃度で魚の臭み。
  • 高濃度でアンモニアの臭い。
  • とにかく臭い成分。

 

とまぁ、カルニチンを摂取し過ぎるとこのTMAOが発生する可能性があるので体臭がきつくなる可能性があります。

カルニチンの摂取方法

カルニチンの摂取イメージ図

カルニチンの摂取方法は2つあります。

  • 食事から
  • サプリから

の2種類です。

 

意外とカルニチンは食事から摂取しやすいです。

主に

  • 牛肉
  • ラム肉
  • 赤貝

などから多く摂取できます。

 

しかし、胸肉の含有率が低いので減量中などはサプリからの摂取が確実です。

カルニチンは効果ない!?:まとめ

カルニチンイメージ図

カルニチンは効果ない:まとめです。

 

カルニチンは、

  • リジン
  • メチオニン
  • ビタミンC
  • ビタミンB₆
  • ナイアシン

などから体内合成されるビタミン様物質。

 

その効果は

  • 脂肪のエネルギー変換
  • 脂肪燃焼

の2つ。

 

摂取し過ぎる事によって体臭かきつくなる可能性があるので注意が必要。

  • 牛肉
  • ラム肉

から摂取することは出来るが、減量中などで食べれない時などはサプリからの摂取がおすすめ。

 

最後にカルニチンはあくまでも脂肪燃焼のきっかけにすぎません。

 

なので

  • 食事制限
  • 筋トレ
  • 有酸素

などによる行動があって初めて効果を持ちます。

 

カルニチンだけ飲めば痩せるわけではないので注意しましょう。

今日も何か一つでも有益な情報をお届け出来ていれば幸いです。^^v

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 HMBって最近よく聞くけど どんな効果があるの? 筋肉にはいいの? 今日はこんな疑問を持つあなたに実際にHMBを使って来た僕が徹底考察したいと思います。 この記事を読んで分か[…]

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 ギャバ(GABA)ってなに? 効果とか、副作用は? 今日は、ギャバ(GABA)について包括的に徹底解説したいと思います! この記事を読んで分かる事 ギャバ(GABA)ってなに[…]

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 ケイ素(シリカ)がいいって効くけど 一体何なの? ケイ素(シリカ)最近海外なんかでも少しずつ有名になってきている成分ですよね。 実はこのケイ素めちゃくちゃ有能なんです。 この記事を読んで[…]