【筋トレ】オススメトレーニングギア3選【口コミ・レビュー・評価】

どーも!ゆたぽんです。

  • 手首が痛い!
  • 腰が痛い!
  • 握力が無くなる!

トレーニング中のこんな悩みを解消してくれるトレーニングギアを紹介したいと思います。

この記事を読んで分かる事

  1. トレーニングギアとは
  2. オススメトレーニングギア3選
  3. ゆたぽんのトレーニングギア感想

筋トレをしていて、

  • 手首を痛めた
  • 腰を痛めた
  • 握力が無くなった

こんなことになった事ありませんか?

僕自身は何度もなっています。

そして今はまだなっていなくても筋トレを続けて、成長していくと必ずこういった弊害が起こります。

何故なら使用重量が増えるからです。

使用重量が増えると共にそれをサポートしてくれるアイテムがトレーニングギアなのです。

今日はそんなトレーニングギアの解説と最低限持っておきたいオススメのトレーニングギアを3つ紹介したいと思います。

トレーニングギアとは

トレーニングギアとは筋トレの最中に体の補助をしてくれるアイテムの事です。

筋トレを続けているとそれに比例して扱う重量が伸びてきます。

そうすると、

  1. 重量が伸びる
  2. 強度が強くなる
  3. 怪我の危険性が増す

こういった形になってくるので、怪我の危険性を少しでも減らすのがトレーニングギアの役目なのです。

因みに怪我をしている時でもなんとか筋トレ出来ていたのはトレーニングギアの補助があったからこそです。

ハリネズミ
怪我してる時は休みなよ。
リス
どこまでアホなんだ。

オススメトレーニングギア3選

オススメのトレーニングギア3選という事で、

  1. リフティングベルト
  2. リストラップ
  3. パワーグリップ

この3つは最低限もっておきたいところです。

この3つを使って筋トレをするだけで、
筋トレの

  • 強度
  • 安心感
  • 安定感

が高水準で維持できるようになります。

オススメのトレーニングギア➀リフティングベルト

オススメのトレーニングギア➀はリフティングベルトです。

リフティングベルトは、腰の保護をするのが役目です。

ジムで筋トレをしていたらこれを腰に巻いて

  • デットリフト
  • スクワット

などをしている人を一度は見た事あるんじゃないでしょうか。

 

この2種目は腰への負担が尋常じゃないです。

そのため、この2種目をする際にはマストで腹圧を高めることが重要になります。

腹圧とは空気をお腹に貯めてお腹の圧を高めること。

自力でこれをすることも可能です。

しかし、

  • 高重量
  • 高強度

なこの2種目においてそれを自力でするのは容易ではありません。
(失敗すると2週間は死にます。)

リス
ボソッと何か言ってるけど…。
ハリネズミ
それでも筋トレ休んだことないんでしょ?

(当たり前です。ちょっとした怪我なんて筋トレを休む理由になりません。)

 

リフティングベルトはその腹圧を強制的に高めてくれるトレーニングギアなので、必ず使いたいアイテムです。

リフティングベルト
注意点

  1. サイズに注意。自分のウエストに合ったものを選ぶ。
  2. ぎゅうぎゅうになるまでしっかり締める。
  3. マジックテープタイプもあるが、ベルトタイプが強度が高くてオススメ。

オススメトレーニングギア②リストラップ

オススメのトレーニングギア②はリストラップです。

リストラップは、手首の保護が役目です。

  • ベンチプレス
  • ショルダープレス
  • ダンベルプレス

などプレス系の種目をしている人が着けているのを見た事がないでしょうか。

プレス系の種目は手首にかなり大きな負担が掛かります。

なぜなら、プレス系の基本動作は

  • 手で持つ
  • 椅子に座るorベンチに寝る
  • 押し上げる

こういう動作になり、高重量を受け止めている最初の関節で負荷を逃がせないからです。

それに加えて手首は非常に弱い関節の一つです。

ベンチプレス100キロまで行くと少しの角度のズレで簡単に怪我をします。
(僕自身筋トレによる手首の怪我で半年痛みが取れませんでした。)

ハリネズミ
むしろ怪我してたのに筋トレできたのはリストラップがあったから。

手は日常でも最も使う部分なのでここを怪我すると日常生活にもかなり悪影響が出てしまいます。

リス
ドアノブひねるのすら痛かったのは地獄だった。

手首の保護は最優先で行いましょう。

オススメトレーニングギア③パワーグリップ

オススメのトレーニングギア③はパワーグリップです。

パワーグリップは握力の補助が役目です。

  • デットリフト
  • ベントオーバーロー
  • 懸垂

などプル系の種目でその効果を発揮してくれます。

デットリフトは、

  • 背中

と言った大きい筋肉を使う種目なので、100キロオーバーなんて当たり前。

かなり高重量を扱えます。

しかし、100キロを持つだけの握力が無ければ、満足にトレーニング出来ませんよね。

懸垂にしても、

鉄棒に何分ぶら下がっておけますか?

多分1,2分ぶら下がっておくだけでもしんどいはず。

懸垂はぶら下がるに加えて、背中の筋肉を意識しなければならないんです。

そんな時にパワーグリップがあれば、かなり筋トレの効率が上がると思いませんか?

背中をきっちり追い込みたいなら、パワーグリップはマストで必要です。

因みに、握力を強化するという方法もあります。

コチラの記事を参考にしてみてください。^^

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 握力ってどうやったら強くなるの!? 短期間で育てれるかな!? 握力強くなりたいですよね。 20キロ→60キロに成長した僕に任せてください。 この記事を読んで分かる事 握力強[…]

トレーニングギア:筆者の感想

トレーニングギアを使った僕の感想は

「めっちゃ楽。」

です。

トレーニングギアは

  • 関節の保護
  • 筋力の補助

なんて役目があるので筋トレが楽になるのは当たり前ですよね。

特に僕は手首が弱く何度も怪我をしているので

リストラップは、ほぼ毎回のトレーニングで使っています。

パワーグリップにしても、

  • 懸垂
  • ラットプル
  • デットリフト

などがどんどん強くなって負荷が上がってしまいます。

そうすると、先に前腕が疲れてしまい満足に背中が鍛えられない。

ということもしょっちゅうありました。

そんな時に大活躍してくれましたよ。

それに加えて僕はしょっちゅう腰も怪我していました。

リス
手首に腰に忙しいやつだな。
ハリネズミ
ゆたぽん意外と貧弱説。

 

リフティングベルトを使用することでかなり腰の負担が減るもの時間しましたし、

痛みが取れるのが2週間掛かっていたのが次の日にはとれるようになりました。

  • リストラップ
  • パワーグリップ
  • リフティングベルト

どれも、筋トレ初心者の方に絶対使って欲しいオススメトレーニングギアなのでぜひ使ってみてください。

今日も何か一つでも有益な情報をお届け出来ていれば、幸いです。^^b

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 ジム行くの面倒くせぇ…。 手軽に上半身鍛えたい。 とりあえず上半身鍛えたい。 こんな方、「ぶら下がり健康器具」オススメです。 リス ぶら下がり健康器具? ハリネズミ 名前の[…]

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 ベンチプレス100kg憧れ! だけど、 90kgから上がらない。 こんな人めっちゃ多いと思うんですよね。 やっぱりベンチプレスの100kgは一つの壁で 僕もその壁に阻まれていました。(笑) […]

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 超回復理論きちんと守って、 休んでるのになかなか 筋肥大しないなぁ…。 こんな人いませんか? 理由は、一般的に知られている超回復は 嘘だからです。 という僕も、2年くらい前までは[…]