ケイ素(シリカ)とは美容・健康にいいおすすめの摂り方【水・サプリ】

どーも!ゆたぽんです。

ケイ素(シリカ)がいいって効くけど
一体何なの?

ケイ素(シリカ)最近海外なんかでも少しずつ有名になってきている成分ですよね。
実はこのケイ素めちゃくちゃ有能なんです。

この記事を読んで分かる事

  • ケイ素(シリカ)とは。
  • ケイ素の有能さ。
  • ケイ素の摂取方法

 

ケイ素、別名をシリカと呼びます。
知らない。聞いたことない。という方も多くいるかとは思いますが、現在海外なんかで結構人気な成分です。
この成分めちゃくちゃ美容・健康にいいんです。

具体的には

  • 美肌・アンチエイジング効果
  • 骨を守る
  • 関節を守る

などの効果が期待できます。

リス
ケイ素が合成する成分が凄い!!
ハリネズミ
必須ミネラルだから!!

この記事ではケイ素の全てについてご紹介したいと思います。

ケイ素(シリカ)とは

ケイ素とは別名をシリカといい、地殻の中に最も多く存在するミネラルです。

地球上で酸素の次に多く存在していることも有名です。

  • 人間
  • 動物
  • 植物

全ての生物が持っている成分であまりに当たり前のように存在しているためその有用性をあまり重視されてきませんでした。
しかし、1972年に動物においては必須ミネラル扱いになり、近年では本格的に有用な成分としての認知が高まっています。

ケイ素の一日の目安摂取量

ケイ素の一日の目安となる摂取量は世界的に見てもバラつきがあります。
それぞれの国の生活スタイルなどが大きく影響しているようです。

  • 欧米…20-50mg
  • 日本…40mg
  • インド…140-200mg
  • 中国…140mg
リス
インドと中国だけめちゃくちゃ多い(笑)
ハリネズミ
きっとインド・中国の人は皆健康体だね!(笑)

しかし、ケイ素には

  • 不溶性
  • 可溶性

と二種類あり、体に吸収・代謝されるのは可溶性のみなので注意が必要です。

ケイ素の効果

ケイ素には間接的に骨・皮膚・軟骨などを作る手助けを行う効果があります。

ケイ素によって合成される成分

  • ヒアルロン酸
  • コンドロイチン
  • コラーゲン
  • オステオカルシン

ケイ素はこれら栄養素を合成する効果がありこの栄養素が体の骨や皮膚を作ってくれるのです。
それにより、美肌効果や骨粗しょう症の予防など様々な効果を期待できます。

ケイ素の効果➀美肌・アンチエイジング効果

ケイ素から合成される、

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

によりこの効果を期待できます。
人の肌は加齢と共に肌の水分とハリを失います。
理由は、活性酸素によりこの2種類を合成している、線維芽細胞が年々弱っていくためです。

  • ヒアルロン酸…水分の保持
  • コラーゲン…肌の弾力

この二つの機能を持つ成分を意図的に増やすことによって、美肌・アンチエイジング効果に期待できます。

リス
意図的に増やすがポイント!
ハリネズミ
放置してたら減る一方だからね!

ケイ素の効果②骨を守る

ケイ素から合成される、

  • コラーゲン
  • オステオカルシン

この2種類のタンパク質で骨の強化が期待できます。
皆さん骨って「カルシウム」で出来てると思ってますよね?

リス
違うん?
ハリネズミ
小さい頃は牛乳飲まないと骨折するって育ってきたよ?

実は、骨の大部分を作っているのは「タンパク質」なんです。
鉄筋コンクリートの建物で例えると分かりやすく、中の鉄筋が

  • コラーゲン
  • オステオカルシン

コンクリートが

  • カルシウム

という感じです。

骨形成におけるタンパク質比率

コラーゲン…全体の50%
オステオカルシン…非コラーゲン性タンパク質の内25%

こういう内訳になっています。

この二種類のみで建物の骨組み75%作っていると思えばその重要度はめちゃくちゃ高いです。

ケイ素の効果③関節を守る

ケイ素から合成される

  • コンドロイチン
  • コラーゲン

がこの効果に期待できます。
そもそも、コラーゲンは

  • 軟骨

などを構成しているタンパク質で関節部分もコラーゲンが合成に多く関わっています。

さらにコンドロイチンには水を吸収してスポンジのように柔らかくなる性質があります。
これにより、

  • 摩擦の軽減
  • 衝撃からの保護

の効果が期待でき、トータルで関節を守る効果があります。

リス
ケイ素から作られる成分は万能だな!
ハリネズミ
骨も関節も守って老後も安泰!!

ケイ素の摂取方法

ケイ素を摂取する方法は大きく2つあります。

  • サプリ

更に水はミネラルウォーターを購入するか、浄水器を使用するかの二択になります。

ケイ素の摂取方法➀サプリ

ケイ素のサプリは錠剤ではなく液体タイプのサプリになります。

サプリで摂取するにはデメリットもあり、それは多少高いという事です。
しかし、サプリで摂取するメリットもあり、

  1. 確実に可溶性が摂取できる。
  2. 必要量を摂取出来る。

この二点により、確実に体に作用のあるケイ素を摂取出来ます。

ケイ素の摂取方法②ミネラルウォーター

水でもケイ素を摂取することは出来ます。
水で摂取するメリットは、

  • 日常的に摂取できる。
  • その他のミネラルも摂取出来る。
  • ファスティング(プチ断食)にも応用可能

などがあります。
更にミネラルウォーターで摂取するメリットは

  • 気に入らなければ辞めれる。

そして、今なら12本972円で買えるので一本当たり80円程度で買えます。
試してみてはいかがですか?

ケイ素の摂取方法③浄水器

ケイ素を摂取する方法として浄水器を使用するいうものもあります。
浄水器を使うことによるデメリットとしては、

  • 初期費用・維持費が高い。

というものがあります。

  • 専用の浄水器1台7200円
  • カートリッジ2個7700円

掛かるのでミネラルウォーターに比べると少し敷居が高いかもしれません。

ただ浄水器を使うメリットとしては、

  • トータルで見た場合コスパがいい。

というものがあります。

1日に1L飲む場合約10円

  • カートリッジ1個で400L浄水可能。
  • 1日1L飲めばケイ素を50~70mg摂取出来る。
    …この場合10円/円になる。


(Welvina公式サイトより)


こう考えればミネラルウォーターよりもトータルでコスパがいいかもしれません。
先ずはミネラルウォーターでケイ素の効果を試してみて、実感したら浄水器に移ってみると良いかもしれませんね。

 

ケイ素は美容・健康にいい!!

今日は今話題のケイ素(シリカ)について紹介してみました。
ケイ素は様々な効果を持っていて老後の準備をするのに役立つ成分です。
是非試してみてください!!

  • ケイ素は別名シリカ!
  • ケイ素は地球上で2番目に多い成分。
  • ケイ素の効果はめちゃくちゃ有能。
    ・コラーゲンの合成
    ・ヒアルロン酸の合成
    ・コンドロイチンの合成
    ・オステオカルシンの合成
  • これら成分が
    ・美肌アンチエイジングを助ける
    ・骨を強化する
    ・関節を強化する
  • ケイ素は美容・健康にいい!
  • 老後対策にも、もってこい!!

今回も何か一つでも有益な情報をお届け出来ていれば、幸いです。^^v