【筋トレ初心者】アブローラーのやり方と効果を解説

どーも!ゆたぽんです。

  • アブローラー出来るようになりたい!
  • アブローラーは男の夢!!
  • 腹筋を引き締めたい!!

はい。今日は男の夢である、アブローラーの解説をします。

この記事を読んで分かる事

  1. アブローラーとは
  2. アブローラーのメリット
  3. アブローラーのやり方
リス
アブローラー憧れるよなぁ。
ちょっとやってみようかな。

 

 

ハリネズミ
や、やめとけ!!
めちゃくちゃキツイぞ!!

アブローラーの夢に破れたあなたはこんな感じではないでしょうか。

 

アブローラーに憧れて挑戦してみた。

だけど、見事撃沈。

 

こんな感じだと思います。

 

実際アブローラーの筋トレ強度は立ちコロの場合最も強度の高い筋トレの一つです。

 

僕が初めての立ちコロを成功させたときたった一回の立ちコロで、3日間腹筋が筋肉痛になりました。

 

そのくらい強度の高いアブローラーでの筋トレ。

 

安心してください。

 

今日は、誰でも出来るように徹底的にやり方を解説していきます。

【筋トレ初心者】アブローラーとは

筋トレ初心者におすすめのアブローラーとは

  • 筋トレで使う器具
  • 基本的に、腹筋を中心的に鍛える
  • しかし、
  • 背中
  • などの筋肉にも効く

まぁ、要は全身鍛える事の出来る筋トレ器具ってことですね。

 

アブローラーを使えばどれだけ太っても割れている最強の腹筋を手に入れる事が出来ます。

 

そのくらい腹筋の筋肥大に効果的な筋トレ器具なのです。

【筋トレ初心者】アブローラーのメリット

筋トレ初心者におすすめの器具アブローラーのメリットです。

 

アブローラーはめちゃくちゃな強度を誇る筋トレ器具です。

 

普通筋トレ初心者は1回も立ちコロをすることは出来ません。

 

それでも、おすすめしたい理由は以下の3つです。

  1. コスパ最強
  2. 全身鍛えれる
  3. 低回数でいい

以上の3つです。

 

解説していきます。

【筋トレ初心者】アブローラーのメリット➀コスパ最強

筋トレ初心者におすすめなアブローラーのメリット➀はコスパ最強という点です。

アブローラー1個の値段は大体1000円程度です。

 

しかし、その1000円でバッキバキの腹筋を作れるとしたらかなりコスパが高いです。

 

通常腹筋を割ろうとすると以下の手順が重要です。

  • 腹筋をする
  • 筋肥大させる
  • ダイエットをする
  • 腹筋が割れる

このような手順です。

 

アブローラーはこの手順の筋肥大の部分において効果抜群なんです。

アブローラーによる腹筋の筋肥大はすさまじいものがあります。

 

なので多少太っていても腹筋が割れている状態を作れるんです。

【筋トレ初心者】アブローラーのメリット②全身鍛えれる

筋トレ初心者におすすめなアブローラーのメリット②は全身鍛えれる点です。

 

アブローラーは腹筋のトレーニングと思われがちです。

 

そして、事実それは間違っていません。

 

しかし、

  • 前腕
  • 腹筋
  • 背筋

 

トレーニングの性質上、上記の部位も鍛える事が出来るんです。

 

というか、ある程度上記の筋力が無ければ出来ないのがアブローラーなんです。

【筋トレ初心者】アブローラーのメリット③低回数でいい

筋トレ初心者におすすめなアブローラーのメリット③は低回数でいい点です。

 

アブローラーは強度がはちゃめちゃに強いです。

 

僕自身初めてアブローラーをこなした時はたった一回のアブローラーで数日間腹筋が筋肉痛になりました。

 

そのくらい強度が高いんです。

 

なのでアブローラーはたった数回でいいんです。

 

  • 時間が無い人
  • 腹筋が嫌いな人
  • サクッと終わらせたい人

こんな人にはめっちゃ嬉しいアイテムですね。

 

ただしかし、その強度は筋トレの中でも最高強度なので気を付けてください。

【筋トレ初心者】アブローラーのやり方

筋トレ初心者におすすめのアブローラのやり方を解説をしたいと思います。

 

アブローラーは立ちコロだけではなく、様々なやり方があります。

 

そのため、初心者にもおすすめ出来る筋トレ器具なんです。

 

今日は3つのやり方を解説したいと思います。

 

  1. 膝コロ
  2. 壁コロ
  3. 立ちコロ

以上の3つです。

【筋トレ初心者】アブローラーのやり方➀膝コロ

筋トレ初心者におすすめしたいアブローラーのやり方➀は膝コロです。

このやり方は最も初心者の人におすすめです。

 

理由は、

  • 最も強度が低い
  • 簡単
  • 多くの人はこのやり方

だからです。

 

このやり方であれば壁コロ、立ちコロと比べて地の筋肉はあまり関係ありません。

 

フォームさえしっかりしていれば基本誰でもできます。

 

そのやり方を解説していきます。

 

膝コロのやり方

  1. アブローラーを準備する
  2. 膝をつく
    (膝が痛くなる可能性があるので、床にカーペットを引くといい。)
  3. そのまま体を前に倒す
  4. 膝を付けたまま体を地面すれすれになるまで倒す
  5. 倒したら元に戻る
  6. これの繰り返し

 

膝コロは最も強度の低い筋トレです。

 

しかし、それでも通常の腹筋よりは強度が高くしっかり鍛えれるのでおすすめです。

【筋トレ初心者】アブローラーのやり方②壁コロ

筋トレ初心者におすすめしたいアブローラーのやり方②は壁コロです。

 

壁コロは膝コロに慣れたアブローラー中級者向けの筋トレです。

 

強度は高いですが、壁をストッパーとして使うため立ちコロよりも低強度です。

 

膝コロに慣れた人は壁コロに挑戦してみましょう。

壁コロのやり方

  1. アブローラーを持ってくる
  2. 体と壁の間にいい感じにスベースを取る
  3. そのまま立ちコロをする
  4. 壁に当たるまで体を倒す
  5. 壁に当たったら体を元に戻す
  6. これの繰り返し

【筋トレ初心者】アブローラーのやり方③立ちコロ

筋トレ初心者におすすめしたいアブローラーのやり方③は立ちコロです。

立ちコロこそ、最強、無敵、鬼の腹筋トレーニングです。

 

これが出来れば腹筋の筋トレには金輪際困らないでしょう。

 

そのくらいはちゃめちゃ強度です。

 

先ずは壁コロで立ちコロの感覚をつかんでそこから立ちコロに挑戦してみましょう。

立ちコロのやり方

  1. アブローラーを持ってくる
  2. 体を出来るだけ倒す
  3. 体を起こす
  4. これの繰り返し

筋トレ初心者におすすめなアブローラー:まとめ

筋トレ初心者におすすめなアブローラー:まとめ

 

腹筋を鍛える最強のアイテムは?

 

こんなことを聞かれたら真っ先にアブローラーと答えるでしょう。

 

そのくらい最強アイテムです。

 

なのに値段はたったの1000円それがアブローラーです。

 

そんなアブローラーには3つのメリットがありました。

 

  • コスパ最強
  • 全身の筋トレ
  • スーパー時短

です。

 

アブローラーときくと立ちコロをイメージするかもしれません。

 

しかし、アブローラーには

 

  • 膝コロ
  • 壁コロ

などその他のやり方もあるので初心者にもおすすめな筋トレアイテムなんです。

 

今日も何か一つでも有益な情報をお届け出来ていれば、幸いです。

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 手軽に鍛えれないかなぁ。 お金が掛けたくないし。 トレーニングチューブの使い方を知りたい。   こんな悩みを持つあなた。 トレーニングチューブを買えば全部解決[…]

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 自重トレの強度を上げたい。 普通の腕立てでは不満。 腕立てをすると手首が痛くなる。   今日はこんなあなたに向けてプッシュアップバーを解説したいと思います。 […]

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 運動しないといけないのは分かっているけど、 仕事で疲れてて中々出来ないし。 ずっと同じ姿勢でいるから、脚のむくみが治らない…。 こんな人いませんか? 今回の記事ではこんなあなたのお悩みを解決[…]

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 ケイ素(シリカ)がいいって効くけど 一体何なの? ケイ素(シリカ)最近海外なんかでも少しずつ有名になってきている成分ですよね。 実はこのケイ素めちゃくちゃ有能なんです。 この記事を読んで[…]