僕が留学中ホームステイ先でカジノに置いて行かれた話。

どーも!ゆたぽんです。

  • ホームステイ興味ある
  • 英語力伸びるの?
  • ホームステイは不安だ。

こんな悩みめっちゃ分かります。

 

僕も留学前はこんな悩み持ってましたよ!

 

何故なら僕は二ヵ月間のホームステイを予定していたからです。

 

行く前は

  • 二カ月我慢するか。とか
  • なんとか仲良くなってやるぜ!!とか

めっちゃ意気込んでましたね。

 

そんな僕が実際に体験したホームステイを徹底解説したいと思います。

この記事を読んで分かる事

  1. ホームステイ事情
  2. 僕が過ごしたホームステイの特徴
  3. ホームステイ中のアクシデント

 

僕は、タイトルにある通りカジノに置き去りにされたりしました。

けどまぁ、

結論

ホームステイはおすすめ

リス
置き去りにされたけどおすすめなんだ笑
ハリネズミ
おすすめ感0だけどね笑

その理由や、僕のホームステイの特徴なんかをどんどん話していきたいと思います。

ホームステイ事情

先ずざっくりとしたホームステイの事情を説明したいと思います。

 

  • ビジネス的思考
  • 引退した夫婦がやっている場合も多い
  • 大体犬がいる
  • 休日に外に連れて行ってくれるのはマレ
  • 外出先での飲食は基本自分持ち
  • 食事は平日は朝・昼のみ
  • 休日は朝・昼・晩を用意してくれる
  • ホストファミリ―はネイティブとは限らない
  • 違う言語で話す場合もある

 

まぁ僕が留学前に聞いていた情報はこんな感じでした。

 

当然僕の印象は

  • どんな冷たい家庭なんだろうか。
  • 2カ月生きていけるかな。
  • オーストラリアだしプロテイン持ってるだろ。
    飲ませてくれるかな。

 

こんな事を考えていました。

(実際プロテインは持っていて、飲ませてもくれました。

しかし、飲み過ぎてある日突然プロテインがどこかに行ったのは内緒。)

ハリネズミ
お前、飯めっちゃ食うよな。とも言われたよね。
リス
モンスター・スチューデント

と、言った基本的なホームステイの情報を頭に入れた上で僕のホームステイの特徴をお話ししたいと思います。

僕のホームステイの特徴

僕のホームステイの特徴は以下のような感じでした。

 

  • 30代前半のカップル
  • 共働き
  • 犬が一匹
  • 料理上手
  • お酒くれる
  • 基本陽気
  • めっちゃ親来る
  • めっちゃ友達来る
  • 週末は大体パーティー
  • 後、めっちゃ英語早い
    (最早英語なのかすら分からない)

こんな感じでした。

 

まぁ事前に頂いていた情報とはかなり違ったんですよね。

 

そして、ホームステイ先に着いた時の第一印象は、

オージーでけぇ。

でしたね。
(オージー=オーストラリア人)

 

そんなこんなで始まるホームステイ。

 

かなり優しいお二人でした。

 

  • 快適に過ごせてる?
  • ベットはいい感じ?
  • 他に必要なものはない?
  • 寂しくない?
  • ビール飲む?
    (なんだかんだ、これが一番嬉しかった)

とめっちゃ気を使ってくれます。

 

しかし、同時にとても自由な二人。

 

僕は当然のように二人の自由さに巻き込まれていくのでした。

僕のホームステイ中のアクシデント

僕のホームステイはアクシデント続きでした。

ハリネズミ
ゆたぽんのホームステイは本当アクシデント多かった。
リス
深夜にカジノに置き去りにされたこともあったよね。

そんなアクシデントの中でも特に印象に残っているのが以下の3つ

 

  1. ホストファミリーが帰宅しない
  2. カジノの置き去り
  3. ホストファミリーが別れそうになる

 

一つ一つ思い出していきたいと思います。

僕のホームステイ中のアクシデント➀帰宅しないホストファミリー

僕のホームステイ中のアクシデント➀は帰宅しないホストファミリーです。

 

あれは、オーストラリアに来て初の週末でした。

 

僕はいつも通りに学校に行き、帰ってきて、ブログを書いていました。

 

しかし、何時まで経っても帰ってこない。どれだけ待てど帰ってこない。

 

僕は、

まぁ、週末だしデート行ってるんだろう。

と思ってました。

 

しかし、

  • 金曜日になっても帰ってこない
  • 土曜日になっても帰ってこない

 

そして、土曜日の夜にホルトファミリーの親から

 

結婚式で隣の都市まで行ってるよ!

 

という事を告げられる。

 

一言教えてから行ってくれ!!

 

こう思いましたね。

 

まぁ、冷蔵庫の中の物を好きなだけ食べたので怒りはありませんが。

僕のホームステイ中のアクシデント②深夜にカジノに置き去り

僕のホームステイ中のアクシデント②は深夜にカジノに置き去りです。

これは僕にとっては一番ヤバかったアクシデントです。

 

先ずはその日の事を少しずつ話したいと思います。

 

その日は➀で結婚した友達のお祝いパーティーでした。

  • たくさん来る友達
  • ホストファミリーの両親も来る
  • やたら興奮している犬

 

僕は完全に飲まれていました。

 

完全にグロッキーですよ。
(何もされてないけど。)

 

  • どうしたらいいんだ。
  • めっちゃ喋ってる。
  • あぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ。

こんな感じで、一人真顔でソファーに座る僕。
(周りは超笑顔。)

 

そこで手を差し伸べてくれたのがホストファミリーの友達ハリーでした。

 

彼は僕に話しかけてくれて

 

  • 君の英語はとてもいいから。
  • 分からなければ何度も聞き返せばいいんだ。皆分かってるよ。
  • 謙虚さと自信を持って!!

と励ましてくれました。

 

めっちゃ自信つきましたね。

そこから僕の独壇場です。

 

ワインをくいっと流し込んだ僕は、リビングの中央に行き。

 

よく分からんダンスしました。

 

その後は腕相撲で無双。
(かなり酔いが回りました。)

 

そうして時間が12時を回ったころに誰が言い出したのか知りませんが、カジノに行くことになりました。

 

  • 流れるままにカジノに行く僕。
  • なんか名前も分からん人の車に乗せられる僕。
  • ドキドキしながらカジノに行く僕。

なんだかんだカジノについて、お酒全部おごりで飲んで。

 

ふふぅ~~ん。と楽しんでいると。

 

1時2時と時間が過ぎるごとに友達がどんどん人が帰っていくのです。

 

そして、気付けばトミー(その人が来てたTシャツに書いてあった文字)と僕だけです。

 

あれ!?ホストファミリーは!?

 

僕は焦りました。急いでトミーに電話掛けてもらって、

 

今どこ!?

 

と聞く僕。

 

まさかの既に帰っているとのこと。

 

理由が

探してもいないんだもん。

 

いや、お前さっきトイレ行ってくるね。ってどっか行ったやんか。

 

俺の所まで帰って来いよ…。

 

と、仕方なく深夜3時半から歩いて帰る事を決意した僕。

 

幸い4キロくらいなので十分歩いて帰れます。

 

歩いて帰り。

シャワーを浴びて。

その日は寝ました。

 

次の日やはり怒っている僕。

 

そんな僕を見てホストファミリーは何食わぬ顔で、

 

大丈夫!!安全だから!!

 

いや、うるせぇよ!?

 

おしまい。

僕のホームステイ中のアクシデント③ホストファミリー別れる危機

僕のホームステイ中のアクシデント③はホストファミリー破局の危機に直面したことです。

 

もう僕のホームステイも後2週間。

 

  • 最近ホストファミリーとの関係もいい。
  • このまま良好な関係でこの家を出たいな。

なんて考えていました。

 

しかし、思わぬ伏兵が潜んでいたのです。

 

それが、

ホストファミリーの破局

です。
(結論を言うと仲直りしました。)

 

ある日から突然

  • ホストファザーが帰ってこない
  • ホストマザーが帰ってこない

こんな日が多くなりました。

 

そして、

  • 聞こえる怒鳴り声
  • 悲痛な大号泣

 

え?え!?なに!?

と思う僕。

 

僕は部屋から動けないでいました。

 

そして、一緒にご飯を食べる事もなくなってきて、僕は一人でご飯を食べます。

 

とうとう、ある日の日曜日

 

ソファーの後ろに大量の荷物が…。

 

よく見たらバスケットボールが置いてあります。

 

僕は気付きました。

 

ホストファザーのやん!?

 

そう。ホストファザーが出ていく事にしたのです!

 

おぉ。と思いつつも朝食を作って食べる僕。
(空腹には勝てません。)

 

間違いなく一番の被害者は僕なのですが、そんな僕は完全に無視です。
(いつも通り。と言う感じ)

 

かなり気まずい時間が続きます。

 

そんな時間が2日続きました。

 

嘘だろ!?破局してホームステイ終わるのかよ!?

 

なんて思っていたら。

 

普通に帰ってくるホストファザー。

 

消えたソファー裏の荷物。

 

いやいつの間に仲直りしたねん!?

 

と思いましたが、まぁ最終的に仲直りしてくれてよかったです。

 

結果ムダに僕が巻き込まれただけ。

僕が感じるオージーの特徴

僕が感じるオージーの特徴は3つあります。

  1. 否定しない
  2. めっちゃ自由人
  3. 謝らない笑

でも、これで僕は結構救われたし楽しく生活することが出来ました。

 

簡単にそれぞれの話をしていきたいと思います。

僕が感じるオージーの特徴➀否定しない

僕が感じるオージーの特徴➀は否定しないってことです。

 

何やっても笑ってくれます。

 

頑張って英語を話そうとしたら待ってくれます。

 

何かをやろうとしている事を肯定してくれる。

 

そんな感じがあります。

 

まぁ、一緒にいてかなり居心地がいいですね。

 

否定されないというのは。

僕が感じるオージーの特徴②めっちゃ自由人

僕が感じるオージーの特徴②はめっちゃ自由人という事です。

 

僕がホームステイ中に直面したアクシデントでも伝わるかも知れません。

 

オージーめっちゃ自由人です。

 

その時の気持ち一つでやりたい事をやっています。

 

そんな自由さに奔放されながらも、同時に気持ちが楽になるのは事実ですね。

 

考えすぎるのも良くない。

僕が感じるオージーの特徴③謝らない

僕が感じるオージーの特徴③は謝らないという所です。

 

いや、お前絶対悪いやん。

 

とかいう局面でも絶対謝りません笑

 

まぁ、これは日本人とオージーの文化の違いなだけだと思います。

 

言うほど気にはなりませんでした。

僕の2カ月のホームステイ:まとめ

僕の2ヵ月のホームステイで英語力をどう伸ばしたのかをまとめると以下のような感じになります。

 

  1. 積極的に話しかける
  2. 話せなくてもいいから話す
  3. はっきり喋る
  4. 聞き取れない時は聞き返す
  5. 遠慮はしない

この5つです。

 

徹底的にこの5つを意識すれば、それなりに会話が出来るまで英語力は伸びます。

 

因みに、僕は

  • ブロッコリー
  • 鶏むね肉

をマッスルミートとしてホストファミリーの記憶に刻み込みました。

 

これからも定期的にやや自己満足な留学記事を更新していきたいと思います。