【正しい昼寝の仕方】眠気を取りたければ寝るな

どーも!ゆたぽんです。

リス
お昼の時間帯は眠くて仕方ない
ハリネズミ
中途半端に寝ると体怠いし。
リス
長い時間寝る時間もない。

今日はこんなお昼に眠くなっている人達の悩みを解決していきます。

 

この記事を読んで分かる事

  1. 2種類の睡眠
  2. 睡眠のサイクル
  3. 正しい昼寝の方法
  4. 昼寝に使えるアイテム

 

先に結論をいうと、

  • 眠気を取りたければ
  • 寝るな!

です。

睡眠には

  • ノンレム睡眠
  • レム睡眠

と言った2種類の睡眠があります。

 

そして、この2種類の睡眠は6~8時間の睡眠の間に交互に繰り返されているんです。

 

このサイクルを上手く活用して初めて昼寝は最大の効果を発揮してくれます。

 

そして、昼寝に有効的なアイテムを使う事によって昼寝の効果は最大化されます。

 

今日は、そんな睡眠のサイクルを利用した正しい昼寝の方法。

 

そして、昼寝の効果を最大化する方法を解説していきたいと思います。

正しい昼寝の仕方1.2種類の睡眠

睡眠のサイクルイメージ画

正しい昼寝の仕方を理解するためには先ず睡眠のサイクルを理解した方が早いです。

 

先ず睡眠には2種類あります。

  • ノンレム睡眠
  • レム睡眠

人は睡眠している時この2種類の睡眠を行ったり来たりしています。

 

それぞれの睡眠を解説していきます。

正しい昼寝の仕方1.2種類の睡眠
➀ノンレム睡眠

ノンレム睡眠とは

  • 脳が休んている
  • 状態の睡眠

です。

 

寝汗をかくのもノンレム睡眠の時です。

何故なら、体温を低下させ脳を休ませているからです。

 

このノンレム睡眠時は

  • 随意神経
  • 大脳皮質
  • 交感神経

などが休んている状態です。

 

なので、この状態では夢は基本的に見ません。

正しい昼寝の仕方1.2種類の睡眠
②レム睡眠

レム睡眠とは

  • 体が休んでいる
  • 状態です。

 

この状態の睡眠では基本的に脳は記憶の整理を行っています。

 

そのため、脳は覚醒状態にあり比較的浅い睡眠になります。

 

夢を見ている状態はこのレム睡眠の状態です。

 

レム睡眠がある理由が以外と原始的で、

  • 外的からの襲撃に
  • すぐに対応できるように
  • 脳の覚醒状態を継続させる

という所が始まりだったようです。

 

今となってはあまり必要なのない部分ですが、このレム睡眠が効果的な昼寝のカギになります。

正しい昼寝の仕方2.睡眠のサイクル

睡眠のサイクルイメージ図

人の睡眠のサイクルは

 

  1. 45~60分でノンレム睡眠に入る
  2. その後約60分でレム睡眠に入る
  3. これの繰り返しを90分ごとに行う

となっています。

 

そのため、一般的な6~8時間の睡眠時間では4~5回レム睡眠とノンレム睡眠を行ったり来たりすることになります。

正しい昼寝の仕方3.20分しか寝るな

正しい睡眠イメージ画

正しい昼寝の仕方で大事なのは

  • ノンレム睡眠に
  • 入る前に起きる

です。

 

人は睡眠を始めて約60分で最も深い眠りにつきます。

この状態で起きると

  • 体が動かない
  • 頭がボーとする
  • 寝ぼけてる

こんな状態になっています。

 

そのため、昼寝をするなら60分以内がいいんです。

 

更に、目を覚ますためにコーヒーを飲んで寝る人も居ますよね?

でも実は飲んでからカフェインの覚醒作用が出てくるまで約20分掛かります。

 

そのため、コーヒーを飲んでから20分仮眠をとるのが最適なんです。

 

何故なら、

レム睡眠+覚醒作用

で頭がすっきりするから。

 

正しい昼寝の仕方を簡単にまとめると以下の様になります。

 

正しい昼寝の仕方

  • 睡眠開始から60分で深い眠りにつく
  • その前に起きないと寝起きが悪くなる
  • 覚醒作用のあるカフェインを睡眠前に取る場合
  • カフェインが効いてくるのは20分後から
  • そのため、睡眠時間は20分
  • レム睡眠+カフェインの覚醒作用でかなりすっきり。

これが最も昼寝の効果を最大がしてくれる昼寝の仕方です。

正しい睡眠の仕方4.おすすめのアイテム

睡眠を助けるイメージ図

正しい睡眠を行うために、おすすめのアイテムが3つあります。

  1. アイマスク
  2. ネックピロー
  3. カフェイン(サプリ)

です。

 

これらを使えばあなたの昼寝のレベルがもう1段階上がります。

正しい昼寝の仕方4.おすすめのアイテム
➀アイマスク

正しい昼寝を行うためのアイテム➀はアイマスクです。

アイマスクを使うメリット

  1. 光を遮断する
  2. メラトニンの分泌
  3. 睡眠へ入りやすくなる

 

正しい昼寝の仕方は20分です。

 

そのため、早く睡眠に入った方がいいですよね。

そこで、使えるのがアイマスク。

 

アイマスクを使えば眠気の誘導が可能なので素早く睡眠に入る事が可能になります。

正しい昼寝の仕方4.おすすめのアイテム
②ネックピロー

正しい昼寝を行うためのアイテム②はネックピローです。

 

ネックピローとは、

  • 首に掛けて
  • 頭を支え得くれる
  • 枕の代わりになるやつ

です。

 

オフィスなんかで寝るときは、机に伏せてもいいです。

しかし、大事な書類とかによだれとかつく可能性ありますよね。

 

それを防げるうえに、短時間睡眠の質も向上してくれるのでおすすめです。

正しい昼寝の仕方4.おすすめのアイテム
③カフェイン

正しい昼寝を行うためのアイテム③はカフェインです。

 

昼寝前のカフェイン摂取方法って大体コーヒーですよね。

 

しかし、

  • コーヒー嫌い
  • 熱くて飲むのに時間掛かる
  • トイレが近くなる

と色々問題もあると思います。

 

それに限られた時間の中で昼寝をするわけなのでなるべく時短したいですよね。

そこで、カフェインのサプリを取るのをおすすめします。

 

簡単に飲める上に時間もかからないのでおすすめの方法です。

正しい昼寝の仕方5.まとめ

正しい昼寝の仕方:まとめです。

 

先ず睡眠には、

  • ノンレム睡眠…深い睡眠
  • レム睡眠…浅い睡眠

この2つがありました。

 

これらの睡眠は約90分おきに繰り返されていて、6~8時間の睡眠で4~5回繰り返します。

 

そして、深い睡眠であるノンレム睡眠まで入るのに約60分。

そのため、昼寝は60分以内で切り上げるのが効果的です。

 

しかし、覚醒作用のあるカフェインを摂取するのであれば、

カフェインが効いてくる20分後に起きるのが最も効果の高い昼寝の仕方です。

 

今日も何か一つでも有益な情報をお届け出来ていれば幸いです。^^b

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 寝不足で筋トレしていいの? どんな影響があるの? 寝不足にならない秘訣は? 今日はこんな疑問に答えていきたいと思います。 この記事を読んで分かる事 寝不足が筋ト[…]

寝不足で筋トレ
関連記事

どーも!ゆたぽんです。 夜寝付けない。 朝も目覚めが悪い…。 日中イライラすることも…。 今日はこんな悩みを抱えているあなたに睡眠の改善方法を解説します。 この記事を読んで分かる事 眠[…]

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 最近眠れなくて困ってる…。 病院に相談した方がいいのかな…。 こんな人 病院に行くのは少し待ってください。(笑) でも、実際 睡眠の問題ってめちゃ多いですよね。 僕自身大会に[…]

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 ギャバ(GABA)ってなに? 効果とか、副作用は? 今日は、ギャバ(GABA)について包括的に徹底解説したいと思います! この記事を読んで分かる事 ギャバ(GABA)ってなに[…]