【元気を出す方法】うつ病から自力で立ち直った方法

どーも!ゆたぽんです。

  • 最近元気が出ない。
  • 心が疲れてる。
  • やる気も起きない。

こんな心が疲弊しきっているあなたに今日は元気を出す方法をお伝えしたいと思います。

 

この記事を読んで分かる事

  1. 元気がなくなる理由
  2. 元気を出す方法3選
    ・筋トレ
    ・飲む
    ・寝る

実は、僕は社会人1年目はうつ病気味でした。
(病院に行って診断してもらったわけではないので、分からないけど。^^;)

ただ、

  • 休日は1日ボーっとする
  • 仕事に行く前に吐き気
  • なんなら自殺も考えてた

こんな感じでした。

 

要は全く元気なかったんですよね。

 

やはり社会人1年目というと、以下のような事が多いです。

  1. イメージとのギャップ
  2. 想像以上の労働時間
  3. したくない事をずっとする苦痛

そのため新卒一年目の人たちはこんな事に陥りやすいのではないでしょうか。

 

僕も同じでした。

今日はそんな僕が自力で立ち直った方法を解説したいと思います。

元気が無くなる原因

元気が無くなる原因としては、脳のエネルギーが枯渇しているのが大きな原因です。

 

  • 元気が無くなる
  • やる気が出ない

このような症状は、心の影響と思われがちです。

 

しかし、実はそうではないのです。

脳内のモノアミンが減少することによって、引き起こされています。

 

モノアミンとは脳内の神経伝達物質

ドーパミン

セロトニン

ノルアドレナリンなど

このモノアミンの減少だけが原因ではないです。

 

しかし、モノアミンの減少が大きな原因の一つであるのは間違いないです。

 

要はこのモノアミンを増やしてあげるような行動が元気を出す秘訣になります。

元気を出す方法3選

元気を出す方法は3つあります。

ただ、これらは僕の主観なのでしっくりこない物もあるかも知れません。^^;

 

  1. 筋トレする
  2. 酒を飲む
  3. 寝る

まぁ、単純にこの三つを順番にこなしていけば結構元気でます。

 

解説していきます。

元気を出す方法➀筋トレをする

元気を出す方法➀は筋トレをするです。

 

何故なら、モノアミンの分泌を促進してくれるから。

  • ストレス
  • 疲労

これらが原因で脳内のモノアミンが減少する事が元気がなくなる原因の一つでした。

 

そこで、筋トレをすると

  • ノルアドレナリン
  • ドーパミン

などの、モノアミン(脳内神経伝達物質)を分泌する効果が確認されています。

 

なので、筋トレ直後は、

  • 清々しい気分
  • テンション高め

だったりします。

 

僕自身、筋トレがあったから名古屋での辛い時間を乗り越える事が出来ました。

 

僕が心掛けていたのは

絶対ルーティンを崩さない

でした。

 

どれだけ体がしんどくてもです。

 

それをすることで毎日頑張れていました。

元気を出す方法②酒を飲む

元気を出す方法②は酒を飲むです。

ホリエモンも言っています。

 

辛い事があった時は、浴びるほど酒飲んで忘れてしまえばいい。

(確かこんな感じだったはず。間違えていたらすいません。)

 

僕はこれには完全に同意です。

僕の経験的にも、お酒飲んだら大体Happyになります。

 

ただ注意しないといけないのは、以下の3つです。

  1. 酒に溺れすぎない。
  2. 他人に極端に迷惑かけない。
  3. 楽しめる人と飲む。

 

酒に溺れてしまったら、逆に人生がハードモードになります。

絶対に気を付けましょう。

 

更に、他人に迷惑を掛けてしまうと人間関係もハードモードになる可能性があります。

 

そして、最後の1つが最も重要だと思っています。

 

例えば、

  • 会社の上司を飲む
  • 取引先の人と飲む

いくら酒の席とはほとんどの場合楽しくないですよね。

 

酔っぱらえる環境で飲むように心がけましょう。

元気を出す方法③寝る

元気を出す方法③は寝るです。

僕の経験的に、寝たら結構気持ちはリフレッシュします。

  • 気持ちがリセットする
  • 脳みそもリフレッシュする

こんな感じです。

 

これに加えて、

  • 筋トレした後に
  • お酒を飲んで
  • 寝る

これで大体の事は忘れるし、気分も晴れてリセットできます。
(完全に僕の経験談)

 

次の日の朝出勤する時はいくらかテンション下がります。

しかし、僕の経験的にある程度ポジティブな気持ちで出勤出来るので試してみてください。

元気を出す方法:まとめ

元気を出す方法:まとめ

元気が無くなる理由は、

脳内のモノアミンが枯渇するから

モノアミンは脳内神経伝達物質です。

幸せホルモンとも呼ばれています。

 

これが減少してしまうと幸せを感じにくくなってしまうんです。

そのため、元気が無くってしまいます。

 

僕も社会人1年目の時は僕にとってかなりつらい時間を過ごしました。

 

そこで、僕が取り組んだことは、

  • 筋トレして
  • 酒飲んで、
  • 寝る

でした。

 

僕はこれで嫌な気持ちをすっ飛ばして、次の日に備えてリフレッシュしていました。

 

これらは完全に僕の経験談で、主観ではあります。

しかし、僕自身本当につらい時期を乗り越えられた経験でもあります。

 

なので、同じようにつらい気持ちを抱えている人は試してみてください。

 

今日も何か一つでも有益な情報をお届け出来ていれば、幸いです。^^b

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 ケイ素(シリカ)がいいって効くけど 一体何なの? ケイ素(シリカ)最近海外なんかでも少しずつ有名になってきている成分ですよね。 実はこのケイ素めちゃくちゃ有能なんです。 この記事を読んで[…]

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 運動しないといけないのは分かっているけど、 仕事で疲れてて中々出来ないし。 ずっと同じ姿勢でいるから、脚のむくみが治らない…。 こんな人いませんか? 今回の記事ではこんなあなたのお悩みを解決[…]

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 筋トレに興味あるけど、 しんどそうだし…。 てか、筋肉つくだけでしょ? こんな人 ちょっと待ってください。 筋トレには、 めちゃくちゃ沢山メリットがあります。 この記事を読んで分か[…]