ヘパリン類似物質の効果と副作用とは【乾燥肌を治す保湿剤】

どーも!ゆたぽんです。

色々試してみたけど乾燥肌が治らない…。

こんな人、
ヘパリン類似物質を試してみましたか?

この記事を読んで分かる事

  • ヘパリン類似物質とは
  • ヘパリン類似物質の効果
  • ヘパリン類似物質のスキンケアアイテム

乾燥肌に悩んで色々な化粧品や保湿方法を試してみたけど、中々治らない。

という方にオススメしたいのが、ヘパリン類似物質です。

50年以上も前から医薬品としては使用されていて知らないだけで一度は使ったことがあると思います。
ヘパリン類似物質は、保湿力・抗炎症作用・血行促進に優れていて乾燥した肌に効果抜群なアイテムなので、今回の記事では詳しくご紹介していきたいと思います。

ヘパリン類似物質とは

ハリネズミ
ヘパリン類似物質ってなに?
リス
聞き覚えがないね…。

ヘパリン類似物質はブタの器官軟骨・肺などの臓器から成分を得て作っている物質で、
実は昔から肌乾燥に効くという事で、薬の成分に含まれたりしていました。

ヘパリン類似物質が含まれてる薬

  • ヒルドイド
  • ビーソフテン
  • ホソイド
  • アットノン

ヘパリン類似物質が含まれている代表的な医薬品はこれらになります。

一度は使ったことのある薬もあるんじゃないでしょうか。
その効果は肌の乾燥から捻挫まで幅広く対応できる物が多いです。

ヘパリン類似物質の効果

ヘパリン類似物質の効果は、

  • 保湿
  • 抗炎症
  • 血行促進

などです。これらが肌乾燥を防いだり、傷の治りを早くしたりという効果に期待ができます。

ヘパリン類似物質の効果➀保湿力

ヘパリン類似物質には

  • カルボキシル基
  • 水酸基
  • 硫酸基

といった水と親和性を持ち、混ざりやすい成分である親水基が多く含まれています。
このため、肌に分散して散っている周囲の水をしっかりキャッチして保水肌を保湿することに優れています。

ヘパリン類似物質の効果②抗炎症作用

そもそも、炎症とは何かしらのバイキンだったり体に異常を起こすものが侵入してきた時にそれらと戦うための防衛反応です。
炎症は熱を持ち患部が赤くなりますが、あれも早くバイキンを倒すための反応で、

血管を拡張

血液を大量に送る

血液の中に戦う物資を含ませる

バイキンの退治

こういった流れで炎症の症状は起こります。
ヘパリン類似物質は毛細結果を拡張させる効果があり、炎症を起こしている患部にバイキンと戦うための物資をより多く補給するサポートをしてくれます。
そのため、炎症を早く抑える作用にも期待できるんです。

ヘパリン類似物質の効果③血行促進

ヘパリン類似物質には抗血液凝固作用があります。
要は血液が固まるのを防ぐ効果があるということです。
これにより体内の血行促進にも期待することができます。
血行が促進されると、

  • 新陳代謝の向上
    →肌が常に新しくなる
    →傷跡も消えやすくなる。

こんな効果が期待出来ます。

リス
保湿と新陳代謝UPで美容効果抜群だな!
ハリネズミ
でも、副作用とかは大丈夫なのかな?

ヘパリン類似物質の副作用

ヘパリン類似物質の副作用は基本的にありません。
なので、

  • 赤ちゃん
  • 肌の弱い人
  • アトピー体質の人

なんかによく処方されることがあります。
ステロイド成分も入っていないので、肌に優しく効果は高いから50年も使われているということです。
ただ、まれに

  • かゆみ
  • あかみ

が出る事があるとされています。
更に、抗血液凝固の役目もあるので、血液の病気になっている方は使う事を推奨されていません。

リス
深刻な副作用がないなら安心!!

ヘパリンとヘパリン類似物質

似た名前の成分でヘパリンという成分があります。
ヘパリン類似物質とよく似た名前ですが全く別の成分です。

ハリネズミ
名前は似てるくせに…。

この名前の由来になったのが成分の構造がとても似ているから類似物質と名付けられました。

ヘパリンにも抗血液凝固作用がありますが、お互いの用途は全く異なっています。

ヘパリン類似物質主に肌の保湿に使われる。

ヘパリンカテーテル・注射器などに血の塊が付くのを防ぐために使われる。

と、似た名前で同じ医療分野でも全く違う用途で全く違う成分です。

ヘパリン類似物質のスキンケアアイテム

ヘパリン類似物質の含む医薬品として

  • アットノン
  • ヒルドイド
  • ビーソフテン
  • ホソイド

なんてありますが、あくまで医薬品です。
やはりこれら医薬品をスキンケアアイテムとして使うと、思わぬ影響が出てしまう可能性があるんです。

しかし、そのくらい有能なヘパリン類似物質スキンケアアイテムとして使いたくないですか?

そこで、オススメなのがNALCの出している、ヘパリンミルクローションなんです。

(NALC公式サイトより)

NALCのミルクローションのメリットはヘパリン類似物質を含んでいるだけではないです。

  1. 全身に使える。
  2. 3種の美容成分を含む。
  3. これ一本でOK

などのメリットがあります。

先ず顔や脚・手など全身に使用する事が出来るので、

  • 手荒れ
  • あかぎれ
  • しもやけ

なんかにも対応できますし、

  • スクワラン
  • リピジュア
  • ヒアルロン酸

などの美容成分もしっかり入っています。
更に、コレ一本で

  • 保湿
  • 乳化
  • 美容成分

の3つの工程が全て行えるのでお風呂上りなんかにサクッとスキンケア出来るのもメリットです。

ヘパリン類似物質を使って乾燥肌を治そう!

ヘパリン類似物質聞いたことがない人も多かったかと思います。
しかし、この成分は肌乾燥においては有名ではないけど有能です。
一度試してみてはいかがでしょうか。

  1. ヘパリン類似物質は50年以上も前から使われている。
  2. ヘパリン類似物質を含む医薬品は
    ・ヒルドイド
    ・アットノン
    ・ビーソフテン
    ・ホソイド
    などがある。
  3. ヘパリン類似物質の効果は
    ・保湿作用
    ・抗炎症作用
    ・血行促進
    などがある。
  4. 特に保湿作用は医療現場でも重視されている。
  5. ヘパリン類似物質を使って乾燥肌を治そう!

今日も何か一つでも有益な情報をお届け出来ていれば、幸いです。^^v