つらい吐き気、二日酔いの原因とは。予防のためのオルニチンとは肝臓の向上。

どーも!ゆたぽんです。

最近飲み会が多くて、
二日酔いになる事が多い。
そもそもあんまり
アルコール得意じゃないし…。

こんな人いませんか?

結論オルニチン
二日酔いを予防しよう!

お酒飲みすぎて二日酔いになるのは辛いですよね。

ハリネズミ
その前に二日酔いになるほど酒飲むなって話だけどね。(笑)

だけど飲んでしまう!(笑)

僕も何度も経験があります。

リス
大学生のころはかなり酒癖悪かったもんな。

誰でも経験する二日酔い、出来る事なら

なりたくないですよね。そこで今日は

二日酔いの原因や対策などを紹介したいと思います。

  1. 吐き気を催す二日酔いの原因
  2. 二日酔いの対策
  3. オルニチンの紹介

こんな感じの内容を紹介していこうと思います!

二日酔いには、いくつか症状がありますが、
二日酔いの原因によって症状は変わると言われています。
吐き気を催す二日酔いの原因は、
「アセトアルデヒド」という

物質の分解・代謝が出来ていないから
起こる二日酔いの症状です。

二日酔いまでの流れ

二日酔いまでの流れを紹介する前に、
先ずアルコールを摂取してから、分解するまでの流れを紹介したいと思います。

アルコール分解の流れお酒を飲む。

胃・腸でアルコールが吸収される。

血液に入り肝臓に送られる。

アルコール脱水酵素で
「アセトアルデヒド」になる


アセトアルデヒド酵素で「酢酸」になる。

アセチルCoA合成酵素が
「水」「Co2」に分解する。


尿で排出される。

と言うのが、アルコールを摂取してから分解するまでの正常な流れです。
しかし、日本人は
アセトアルデヒド脱水酵素が
弱いもしくは、全くない人が50%いるとされています。
いわゆる、下戸な人はこれらに該当し、
そうでない人も、

アセトアルデヒドの毒性はアルコールの10倍強いので、

分解・代謝し切れず、

お酒を飲んだ次の日に
吐き気をもよおす二日酔いになります。

二日酔いの対策

結局二日酔いの対策は?

と、なりますが二日酔いの対策は、
主に二つあります。

  • 酵素を摂取する。
  • 肝機能を向上させる。

二日酔い対策➀酵素の摂取

アルコール分解の流れを見てもらえば分るように、
アルコールの分解・代謝には、

酵素をとても多く使います。

基本的に、口から摂取した栄養素の

分解

吸収

代謝

この流れは酵素が行っているので、
アルコールの分解も例外ではないです。

体外酵素を摂取して

体内酵素の負担を最小限にすれば、

アルコールの分解もスムーズになります。

参考記事は、こちら

二日酔い対策②オルニチンの摂取

二日酔いの対策2つ目として、肝機能の向上が効果的です。

そもそも、肝臓は

  • 人体の化学工場。
  • 沈黙の臓器。

などと呼ばれ、摂取した食べ物のほとんどを肝臓が処理してくれています。

  • アルコールの分解
  • タンパク質の分解

こられも、肝臓で全て分解されており、

単純に仕事が多いので負担も大きいわけです。

そして、
この肝機能をサポートしてくれるのが、

オルニチンというアミノ酸なのです。

オルニチンは、

アルギニンから作られる遊離アミノ酸で、

  • アンモニアの分解。
  • 疲労回復。

などの効果で肝臓をサポートしてくれます。

関連情報/http://www.pro-real.jp/shijimi_monita_a8

オルニチンで二日酔い対策しよう!

  1. つらい吐き気の正体は
    アセトアルデヒド。
  2. 日本人はアセトアルデヒドの
    分解力が弱い人が全体の50%
  3. アセトアルデヒドの毒性は
    アルコールの10倍なので、
    強い人も要注意。
  4. 対策方法は二つ
    ・酵素の摂取
    ・オルニチンの摂取。
  5. オススメはオルニチンによる
    肝臓のサポート

今日も何か一つでも有益な情報をお届け出来ていれば、幸いです。^^b