デブエットのやり方絶対に太る方法を解説

どーも!ゆたぽんです。

  • 体が華奢なのが気になる。
  • だけど、体重が増えない。
  • 食べようと思っても、
  • 沢山食べれない。

こんな贅沢な悩みを持っているあなた。

今日は太る方法を伝授します。

この記事を読んで分かる事

  1. デブエットとは
  2. デブエットの方法
  3. デブエットの注意点

世の中には多くの人が太っていることがコンプレックスな反面。

  • 体が小さい。
  • 体が細い。
  • 体が弱々しい。

こんな悩みを抱えている人たちも一定数います。

 

という僕も高校くらいまでかなり体が細くて悩みの一つでした。

 

かといって、太る方法なんて人に聞いても教えてくれません。

 

何故なら、多くの人は痩せたいから。

 

そこで今日は、絶対に太る。デブエットの方法を解説したいと思います。

 

ただ、単純に太ると言っても太り方を間違えるとただ醜くなるだけです。

 

合わせて太る場合の注意点も解説します。

デブエットとは

デブエットイメージ図
デブエットとは、ダイエットの真逆の行動。

要は、敢えて太る。これがデブエットです。

ハリネズミ
え!?なんで!?
リス
ありえないっしょ!!

なんて思うかもしれませんが、世の中には一定数太りたいと思っている人たちがいますよね。

 

例えば、筋トレをしている人であれば、増量期。

そうでない人たちでも、体が細い・弱々しいなどの悩みを結構深刻に考えている人たちも多いです。

 

デブエットのやり方2選

デブエットの方法イメージ図

デブエットのやり方は大きく分けて2種類あります。

 

  1. ひたすら食べる
  2. サプリの有効活用

どちらの方法を使ってもしっかりデブエットをすることは出来ます。

 

それぞれには一長一短あるのでどちらも解説していきます。

デブエットのやり方➀ひたすら食べる

デブエットのやり方➀はひたすら食べるです。

結局食べると食べた分だけ太るんです。

 

僕がデブエットでオススメする食材は以下の3つです。

  1. パスタ
  2. さつまいも

です。

これら3つはかなり大量の糖質を取る事ができます。

 

実際僕は増量をしていた時期は1日かけて9合の米を食べていました。

ハリネズミ
1日9合!?
リス
食費エグそう…。

実際食費はそこそこ掛かっていたように思います。

 

大体月に2~3万程度だったと思います。
(僕は外食を全くしないのでこの程度で済んでいました。)

そして、1カ月で7キロは増えてかなりのおデブになりました。

 

もし、そんなお金かけれない。

 

と言う人がいればパスタをオススメします。

安価なのでコスパ最強です。

メリット

  • コスパがいい。

デメリット

  • 食べるの地獄。

デブエットのやり方②サプリの有効活用

デブエットのやり方②はサプリの有効活用です。

  • 1日9合なんて食えるか!!
  • 食べる時間なんかない!!
  • 料理する時間がない!!

こんな人も多いと思います。

 

そんな人はサプリを有効活用しましょう。

 

主に使うのは2つのサプリです。

  1. 増量系プロテイン
  2. マルトデキストリン

 

この2つを有効活用すれば、サクッと太れること間違いなしです。

 

増量系プロテインとは

  • 高炭水化物
  • 高プロテイン
  • 低脂質
  • に調整されたプロテイン
  • 上手く活用すれば圧倒言う間に増量できる。

マルトデキストリンとは

  • 通称、粉飴。
  • 甘さ控えめの砂糖。
  • 純粋な糖質。
  • 比較的安価なのが特徴。

メリット

  • めっちゃ楽。
  • 時短になる。

デメリット

  • 果てしなくお金かかる。

デブエットのやり方:注意点

デブエットの注意点イメージ図
デブエットのやり方には3つの注意点があります。

 

  1. 食事の質
  2. 筋トレを行う
  3. 食事は分ける

デブエットは下手をするとただただ太ってしまうだけになってしまいます。

 

注意をしながら行い理想の体を作って行きましょう。

デブエットのやり方:注意点➀食事の質

デブエットのやり方注意点➀は食事の質です。

デブエットは太りたいからと言って、

  • 揚げ物
  • 甘い物
  • ケーキ

など好きな物を好きなだけ食べていてはダメです。

 

それではただ脂肪を蓄えるだけになってしまって気付いた時には、取り返しのつかないくらい太っています。

基本は、

  • 高炭水化物
  • 高タンパク質
  • 低脂質

これをひたすら意識しましょう。

デブエットのやり方:注意点②筋トレを行う

デブエットのやり方:注意点②は筋トレを行うことです。

なぜなら、デブエット中は体がアナボリックといってエネルギーで満たされています。

 

そんな状態は筋肉が付きやすいのです。

  • 太り過ぎた。
  • 少しやせたい。

もし仮にこんな事を思っても、筋肉があるのと無いのとではダイエットにめちゃくちゃ影響が出ます。

 

デブエットと筋トレはセットだと思ってください。

デブエットのやり方:注意点③食事の回数

デブエットのやり方:注意点③は食事の回数です。

デブエット中は基本的に通常より大量の食事をとる事が前提になります。

 

この場合1度に大量の食事をとると体調不良の原因にもなるので、何度かに分ける事をオススメします。

  1. 7時
  2. 12時
  3. 19時
  4. 22時
  5. 24時

社会人の人のタイムスケジュールを想定するとこんな感じでしょうか。

 

  • 1日に5回も食事なんかとれるか!

 

なんて人はそれこそサプリを有効活用することをオススメします。

デブエットのやり方には気を付けて

デブエットイメージ図

デブエットのやり方には気を付けましょう。

 

何故なら、デブエットは諸刃の剣で弱々しい体から脱却する事ができる反面。

太ってしまうと今度は痩せるのが本当に大変です。

 

僕も、72キロまで太った時は減量するのに半年かかりました。

デブエットはある程度体重が増えてしまえば、通常の食事に戻す事をオススメします

 

今日も何か一つでも有益な情報をお届け出来ていれば、幸いです。^^v

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 最近トレーニングに ハマってきたけど わざわざEAAって買う必要ある? トレーニング初心者だと、こんな疑問が絶対あると思います。 今日は、 使わずに筋トレ […]

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 便秘が治らん 肌などの老化が気になる 酸化が気になる 睡眠を改善したい 筋肥大もしたい 今日は、これら全てを改善できる食材を紹介したいと思います。 この記事を読ん[…]

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 筋トレに興味あるけど、 しんどそうだし…。 てか、筋肉つくだけでしょ? こんな人 ちょっと待ってください。 筋トレには、 めちゃくちゃ沢山メリットがあります。 この記事を読んで分か[…]

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 ジムで筋トレがいいかなぁ でも、毎月会費掛かるし。 かと言って自宅トレは追い込めるの? どっちを選んだらいいか分からないよ!! この記事を読んでいる人はきっと、 自宅 o[…]