チートデイとは【方法と効果】ダイエットの停滞期をぶち破れ!

どーも!ゆたぽんです。

頑張って食事制限しているのに、
中々落ちなくなってきた!!
なんでだ!?

こんな方いませんか?

大会に向けて減量をしていた時、僕自身この現象に悩まされてきました。

そして、この現象を乗り越えて大会に出場し初出場で5位に入賞出来た僕の経験も踏まえ現状を打破するチートデイをご紹介したいと思います。

この記事を読んで分かる事。

  • チートデイとは
  • チートデイの方法と効果
  • ダイエットに対して楽になる考え方

ダイエット中に急に体重が落ちなくなる理由は至極簡単で、体が省エネモードに切り替わるからです。

頑張って食事制限を続けていてもいずれ人の体重は落ちなくなってきます。
この省エネモードに切り替わるタイミングで体を騙してあげる行為がチートデイという方法なのです。

しかし、間違えた方法でチートデイを行ってしまうとリバウンドの原因にもつながりかねません。

この記事では、僕の経験も踏まえてチートデイの紹介をしていきたいと思います。

チートデイとは

チートデイのチートとは、『騙す』という意味です。デイは普通に『日』という意味ですね。
つまり、チートデイとは『騙す日』という事なんです。

リス
なんで騙すんだ!?
ハリネズミ
何を騙すの?

主に、チートデイは人間の脳を騙してダイエットの停滞期を脱出するために行います。

ダイエット中に停滞期が起こる理由

ダイエットの基本は、

消費カロリー>摂取カロリー

この関係を維持する事なのは周知のことと思います。
しかし、減量によりこの状態が長期間続いてしまうと、体重が落ちなくなる停滞期に入ってしまうんです。

停滞期に入るプロセス

➀摂取カロリーが少ないので
飢餓状態と勘違いをする。

②飢餓状態なので、
消費エネルギーを極端に制限する。

③省エネモードに入る。

④基礎代謝が落ちる。

⑤停滞期に入る。

省エネモードに突入した体は本当に体重が落ちません。
体重が落ちないからと言って、更に食べるものを減らすとむしろ逆効果で、そんな時にチートデイを行います。

リス
まさに脳みそを『騙す』んだな!
ハリネズミ
だけど、いつでも好きな物を食べていいのかな?

チートデイの方法

停滞期に
チートデイで
脳みそを騙す

これは、分かったけど、具体的な

  • 頻度
  • 方法

要はやり方は?って感じですよね。

僕はチートデイをする時に気を付けていることは、3つです。

  1. 最初は停滞期が来てから。
  2. 頻度は週一。
  3. 食べるものは高糖質の物。

この3つだけです。

チートデイの方法➀最初は停滞期が来てから

これは、当たり前ですがチートデイは停滞期を打破するために行います。
停滞期も来ていないのにチートデイを行ってしまうと、ただお腹が減って我慢できなかった残念な人になってしまいます。

でもさ、停滞期ってどうやって判断するの?

こんな気持ちも分かります。

めちゃくちゃお腹減ってるの我慢してるのに…。
体重が3日間落ちません…。

こんなの心が折れそうになりますよね。

リス
減量中は極限状態だから本当にしんどい。
ハリネズミ
顔から生気がなくなるよね。

僕は極限状態で心が折れそうになった時1週間単位で体重の推移をみるべきかなと思います。
正しく減量しているにも関わらず、7日間で体重が減っていなければそれは停滞期と呼んでいいでしょう。
チートデイをしましょう。

【チートデイの前提】正しい減量の方法を詳しくコチラの記事で紹介!!

チートデイの方法②頻度は週一

僕のチートデイに関する考えは、ある二つの条件を満たせる人ならば週1でチートデイを行っても問題ないと思います。

そもそもチートデイの頻度に関しては、

  • 停滞期ごとにする。
  • 2週間に一回。
  • そもそも、しない。

など色々な意見があると思います。
ただ僕の経験上

  1. きっちり食事制限を行えている
  2. 最初の停滞期以降

この二つの条件を満たす方であれば週1でチートデイを行っても十分痩せていきます。

リス
週一で好きな物食べれるのは嬉しいね。
ハリネズミ
え?好きな物食べまくっていいの!?

チートデイの方法③食べるのは高糖質の物

僕は基本的にチートデイを行う時は

  • パン
  • 和菓子

などの高糖質・低脂質な物を中心的に食べるようにしています。

僕が週1でチートデイを行えている理由はここにあるかもしれません。
何故なら、太る理由は糖質と脂質を同時に取るから。です。
実際、減量のテクニックでカーボディプリートとカーボローディングというテクニックがあります。
簡単にこの二つの説明をすると、

【目的】
筋肉のハリを最大化するため。主に減量末期。大会の1週間前などから準備をする。【方法】

➀1週間程度糖質を完全に断つ。

②グリコーゲン(エネルギー)が尽きる。
(カーボディプリート)

③3日くらいかけて
大量の糖質(エネルギー)を取る。
(カーボローディング)

本当に糖質が大きく太ってしまう要因になるのなら、大会をすぐそこに控えた選手がこんな行動をとる事はあり得ませんよね?
なので、糖質の週1程度の大きな摂取であれば大きくリバウンドする心配もないです。

リス
日常的にしっかり食事制限出来ているのが最低限の条件だぞ!!
ハリネズミ
だけど、一週間我慢したアンパンは本当に美味しい。ジュルリ。

チートデイを有効活用してもっと気楽にダイエットしよう

やっぱダイエットをする!ってなると

  • お腹がすく
  • しんどそう。

なんてイメージが先行してしまって、一大決心をするみたいになりますよね。(笑)
先ずそもそもダイエット中に

  • お腹がすく。
  • しんどい。

これは、当たり前なんです。
だけど、最初の停滞期まで我慢できれば1週間に一回しっかりご飯食べれると思えば少しは気楽に出来ませんか?

  • 仕事のある日は
    簡単に済ませれる減量飯。
  • 休みの日に
    ゆっくり美味しい物を食べる。

その方が日々の生活にメリハリも出来るし、痩せれるしで一石二鳥だったりします。^^v

  1. チートデイは脳を『騙す日』という意味。
  2. チートデイの方法
    ➀初めてのチートデイは最初の停滞期に。
    ②頻度は週一。
    高糖質を心がけて。
  3. チートデイを取り入れればストレスなくダイエットが出来る。

今日も何か一つでも有益な情報をお届け出来ていれば、幸いです。^^v