心肺機能の向上とした方がいい理由を解説

どーも!ゆたぽんです。

  • 最近体力が落ちてきた。
  • すぐに息切れするから、
  • 心肺機能を向上させたい。

こんなことを考えているあなた。

今日は心肺機能の向上方法を解説します。

この記事を読んで分かる事

  • 心肺機能とは
  • 心肺機能を向上させた方がいい理由
  • 心肺機能を向上させる方法

学生の頃は体力あったのに、ある程度歳を重ねてくると疲れやすくなります。

 

理由は、以下の3つ。

  1. 加齢
  2. 運動不足
  3. 不摂生

これらが大きな原因です。

 

特にこの中でも運動不足は深刻な問題です。

なぜなら、人の脳は不必要なものをどんどん切り捨てるからです。

 

  • 使わない筋肉
  • 使わない心肺機能
  • 使わない動き

これらは全て切り捨てる対象になります。

 

なので、気付いた時には手遅れ。

体力がごっそり無くなっています。

 

そこで今日は、心肺機能を取り戻す方法を解説したいと思います。

心肺機能とは

心肺機能とは、その名の通り

心臓

肺の機能

です。

心臓の機能心臓は、1日10万回以上鼓動を打ち、絶え間なく全身に血液を送るのが仕事。

その血液の中に、

  • 酸素
  • 糖質

などのエネルギーを含ませている。

肺の機能肺は、左右に2つある。呼吸によって取得した空気を左右の肺に取り込む。

そして、肺の中の肺胞に取り込む。取り込んだ空気は

  • 使用する

酸素

  • 排出する

二酸化炭素

に分別する。

 

こうして肺から取り込んだ酸素を心臓が全身に送ることによって、僕たちの体は動いています。

 

この機能の事を心肺機能。と呼びます。

心肺機能を向上させた方がいい理由

心肺機能を向上させた方がいい理由は以下の3つです。

 

  1. 持久力の向上
  2. 体力の向上
  3. 免疫力の向上

 

心肺機能が向上するだけで、かなり多くのメリットがあります。

 

それらを一つ一つ解説していきます。

心肺機能を向上させた方がいい理由➀持久力の向上

心肺機能を向上させた方がいい理由➀は持久力の向上です。

持久力が向上するとシンプルに健康にいいのです。

 

心肺機能を強化して持久力を向上させると、最大酸素摂取量の上限が増えます。

 

最大酸素摂取量とは1分間に取り込める酸素の上限のこと

 

この最大酸素摂取量が多ければ多いほど、血管系疾患の死亡率が低いのです。

 

更に、酸素は人間が生きていく上で必要不可欠。

  • 心臓
  • 血液循環
  • 肺の動き

 

全てにおいて需要な要素になります。

 

心肺機能を向上させた方がいい理由②体力の向上

心肺機能を向上させた方がいい理由②は体力の向上です。

 

心肺機能を向上させて体力を増やすと、

  • 通常の人より
  • 効率よく
  • エネルギーを使える

ことが分かっています。

 

ようは、

体力上限

エネルギー使用の効率化

この2つによって、2重で体力の向上が期待できるんです。

 

更に体力が増えると、以下の3つのメリットがあります。

 

  • 色々フットワークが軽くなる
  • 何かあっても困る事が少ない
  • 健康寿命が延びる

 

 

逆に、体力向上してデメリットなんて1つもありません。

 

向上させましょう。

心肺機能を向上させた方がいい理由③免疫力の向上

心肺機能を向上させた方がいい理由③は免疫力の向上です。

 

心肺機能が向上すれば、以下の3つの効果があります

  1. 全身に血液が行き渡る
  2. 冷え性が改善する
  3. 体が菌と戦いやすくなる

 

これらの事から心肺機能の向上は免疫力の向上が期待できます。

具体的には、

  • 血液循環による栄養の飽和
  • 体温の向上による免疫効果
  • トータルで菌に対抗出来るようになる。

このような形になります。

心肺機能を向上させる方法

心肺機能を向上させる方法は以下の3つです。

  1. インターバルトレーニング
  2. 高所トレーニング
  3. 持久走

以下の三つです。

 

どれも効果的です。

しかし、それぞれ違った特徴があって好みもあると思います。

 

自分の好みに合わせた方法を選択してみましょう。

心肺機能を向上させる方法➀インターバルトレーニング

心肺機能を向上させる方法➀はインターバルトレーニングです。

インターバルトレーニングの代表格としては、HIITの高強度インターバルトレーニングが有名です。

 

このトレーニングは、

  • 短時間で
  • 心拍数を
  • 限界値まで
  • 上げることによって
  • 心肺機能を向上させる。

 

かなり効果の高いトレーニングです。

しかし、相当キツイトレーニングです。

 

そこで、HIITを行わなくても、筋トレのインターバルを短くしてみるなどでも十分効果があります。

 

試してみてください。

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 痩せたい。 有酸素する時間ない。 サクッとカロリー消費したい。 はい。こんな方たち、HIITしてください。 読み方は、「ヒート」または「ヒット」です。 HIITは高強度[…]

心肺機能を向上させる方法②高所トレーニング

心肺機能を向上させる方法②は高所トレーニングです。

高所トレーニングは通常強度のトレーニングを行ったとしても、2倍きつく感じます。

何故なら、高所は空気が薄いためです。

 

高所トレーニングでは、

  • 1300m~2000m
  • ランニングなどの持久力種目

これらを満たすだけで出来るトレーニングです。

 

通常のランニングでも空気が薄いために2倍心肺機能を酷使することになります。

 

しかし、その分効果も大きいので近くにそんな場所があるなら試してみてもいいかも知れません。

心肺機能を向上させる方法③持久走

心肺機能を向上させる方法③は持久走です。

めっちゃベタです。

 

しかし、最も効果的な方法かも知れません。

何故なら心肺機能をもろに使うからです。

 

  • 筋トレなんかしてない!
  • 近所にそんな高所あるか!!

 

こんな人は1日2~3キロからでも軽くランニングを始めてみてもいいかも知れませんね。

心肺機能を向上させる方法:まとめ

心肺機能を向上させる方法:まとめです。

  • 体力が落ちてきた
  • すぐに息切れする

こんな事に悩むあなたに向けた記事でした。

 

 

心肺機能を強化することによって得れるメリットは3つ

  1. 持久力の向上
  2. 体力の向上
  3. 免疫力の向上

要は心肺機能が向上すれば生きるのがかなり楽になりますよ。って話でした。

 

 

更にその心肺機能を向上させるオススメの方法が3つありました。

  1. インターバルトレーニング
  2. 高所トレーニング
  3. 持久走

この3つを行えばしっぱりと心肺機能が向上します。

 

是非取り組んでみましょう。

今日も何か一つでも有益な情報をお届け出来ていれば、幸いです。^^b

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 ケイ素(シリカ)がいいって効くけど 一体何なの? ケイ素(シリカ)最近海外なんかでも少しずつ有名になってきている成分ですよね。 実はこのケイ素めちゃくちゃ有能なんです。 この記事を読んで[…]

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 便秘が治らん 肌などの老化が気になる 酸化が気になる 睡眠を改善したい 筋肥大もしたい 今日は、これら全てを改善できる食材を紹介したいと思います。 この記事を読ん[…]

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 最近疲れ気味だなぁ…。 肌の調子も気になるし。 まだ20代なのに…。泣 こんな人いませんか? 多分それ、活性酸素が噴き出てますよ? 活性酸素は、疲れの元・老化の原因と言われています。 […]

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 今日も冷え性について解説したいと思います。 ハリネズミ また冷え性ね。 先日の記事で冷え性については詳しく解説させて頂きました。 が、軽くおさらいをしておくと、 冷え性とは体が冷えるこ[…]