ベンチプレス100kgへの道。トレーニング方法教えます。大事なのは、筋トレの量。

どーも!ゆたぽんです。

ベンチプレス100kg憧れ!

だけど、

90kgから上がらない。

こんな人めっちゃ多いと思うんですよね。
やっぱりベンチプレスの100kgは一つの壁で
僕もその壁に阻まれていました。(笑)

でも、僕は

ベンチプレス100kgを本気で目指す!3カ月で上げる!

と決めてから実際に100kg

上げることに成功しました。

先に答えを言うと、

トレーニングの
量・計画性・実行力

です。

さっぱり伝わらないと思うので、
要点を箇条書きにします。

  • 神経系を鍛える。
  • 筋肉量の増量。
  • 多少の筋肉痛は無視。上がるなら筋トレする。

この三つです。
この三つの要素を踏まえて
計画・実行すればベンチプレス100kgは誰でも可能です。

この記事を読んで分かる事。

  • ベンチプレスの最大重量の伸ばし方。
  • 筋トレにおける計画性の重要性。
  • ベンチプレス100kgがどれだけ凄いか。

ベンチプレス100㎏ってよく聞くけど
どのくらい凄いの?

ベンチプレス100㎏は、

日本人口の1%しか挙げる事が出来ない。

と、言われています。
これだけ聞くと、
『100㎏なんて到達出来るの!?』
って思ったりしますが、
十分到達できます。

そもそも、日本のフィットネス人口自体が

  • アメリカ
  • オーストラリア

などの
フィットネス先進国に比べるとまだまだ少ないので、
この数字もうなずけます。

とはいえ、
1~2年しっかりトレーニングをしないと
到達出来ない数字ではあるので、
ベンチプレス100kgを持てる人は、
立派なトレーニーだと思います。

ベンチプレスと体重の関係

ベンチプレスに限らず、
筋トレは全部そうですが、
体重が重い人の方がパワーは強いです。

理由は、
筋肉量も多いから。

単純ですね。
同じベンチプレス100kgでも

  • 体重60kg
  • 体重100kg

では、全く意味が違います。

ちなみに、僕がベンチプレス100kg上げた時は、
体重60キロ切ってたので
その辺りも安心してください。

必ず上げれるようになります。

ベンチプレス100kg上げるには?

ベンチプレス100kg上げるのに重要な要素は、

  • 神経系の強化
  • 計画性
  • 根性

この三つです。

逆に言えばこの三つを大事にすれば
確実にベンチプレス100kgは上がります。

ベンチプレス100kgへの道➀神経系の強化

人は、筋トレを行うと
筋肥大が起こり理論上は
パワーが強くなります。

しかし、

本当にそうでしょうか?

結論を先に言うと

ポテンシャルが高くなってるだけ
パワーの最大値は上がっていない。

ここで、皆さんに2つ質問します。

ベンチはどっちが強い?ボディビルダー
or
パワーリフター

腕相撲はどっちが強い?ボディビルダー
or
アームレスラー

リス
こういう質問の正解は
大体後者だぞ(笑)
ハリネズミ
しかし、ボディビルダーしか
例えが出てこない語彙力。(笑)

おそらく、総合的な筋肉量は
ボディビルダーの方が圧倒的に上
ですよね。

しかし、
ベンチプレスにおいて
パワーリフターの方が強いし
腕相撲においても、
アームレスラーの方が強いです。

これは、神経系の強さが原因でこのような事がおこります。

私たちは普段

力の全てを発揮できていません。

全体の
40%かもしれないし、
60%かもしれない。
神経系を鍛えることにより、
その上限を引き上げる事が出来るんです。

つまり、

ベンチプレスのMAXを伸ばすのも
この神経系がとても重要。

ベンチプレスにおいて、神経系の鍛え方は、
重い重量に何度も挑戦する事です。

そうすることで
神経が鍛えられて筋肉の最大出力が上がり最初は、

上がらなかった重量にも対応できるようになってきます。

パワーリフターや
アームレスラーは毎日その競技の練習を
しているため、
その分野においての神経系が発達してるため
強いのです。

ベンチプレス100㎏への道②計画性

いきなり、100kgって
怪我しそう。

当たり前です。
今ベンチプレスのMAXが70kgなのに、
いきなり100kgに挑戦しても上がる訳がないです。

むしろ怪我の原因になるのでやめましょう。

じゃあ、どうするんだ!?

ってなった時に計画性の重要性が出てきます。

先ずは、確実に次の重量にステップアップ出来る土台を作りましょう。

その為に、
今の最大重量を3回上げれるように訓練します。

3回上げれるようになれば、
筋肉量的には、+5kgの負荷に耐えれる筋肉量を獲得できてる事になります。

なので、ステップとしては、

最大重量を3回上げる訓練をする。

上がったら+5㎏する。

恐らく上がらない。

日を改めて挑戦。

上がるまで
トライ&エラー。

これの繰り返しです。

僕の場合は、筋肉を慣れさせるために
週2回このトレーニングをしていました。

リス
常に重い重量を扱うことになるから、
セーフティーはしっかり設置するんだぞ!
ハリネズミ
ゆたぽんは3回くらい死にかけてるよ。(笑)

このように最大重量を上げる場合は、
ステップを踏んで上がって行くので
計画性と実行力が重要になってきます。

ベンチプレス100kgへの道③根性

結局最後に重要なのは
やり切ってしまう根性です。

むしろこれが全てです。

ベンチプレスを続けてると
バーを持った瞬間に

上げれる。
or
つぶれる。

この判断がなんとくなく出来るようになります。

つぶれると分かっていながら、
挑戦するのは怖いです、

しかし、
僕はしました。

そうしないといつまでたっても
その重量は上がらないからです。

そして、
確実に週2でトレーニングするのも
習慣化してない人には大きな負担です。

これも、
続けるには根性が必要です。

なによりすぐに結果は出ません。
僕は+5kgUPするのに1カ月かかりました。

  • 勇気
  • 根性
  • 根気

最後は精神論になってしまいましたが
ベンチプレス100kgに到達するには
この3つが必要です。

ベンチプレス100㎏への道※注意点

ベンチプレス100kgを目指すに当たって、

怪我だけは気を付けてください。

100kgと言う重さは人を殺すことの出来る重さです。

怪我なんて簡単にします。

100kgに挑戦する過程で、
怪我をしないフォームを確立していきましょう。

100kg挑戦中に少しでも
違和感を覚えたら中止してください。

何度でもやり直しは効きます。

でも怪我をしたら二度と出来なくなる
可能性もあります。

僕はベンチプレス中に鎖骨を怪我して
1カ月胸トレが出来ない時期がありました。

もう二度とベンチプレスが
出来ないんじゃないか?

と怖かったです。

皆さんは怪我には最善の注意を払ってもらいたいです。

ハリネズミ
ちなみに、この時のゆたぽん
病院行かなかったらしいよ。
リス
バカだな。(笑)

ベンチプレス100kgは誰でも到達できる!

  1. ベンチプレス100kg上げるのは日本人口の1%。
  2. 体重が重い方が有利。
    だけど軽くても到達できる。
  3. ベンチプレス100kgへの道
    ・神経系の強化
    ・計画性
    ・根性
  4. この3つがあれば誰でも到達できる!
  5. だけど、怪我だけは気を付けて

今日も何か一つでも有益な情報をお届け出来ていれば、幸いです。^^b