お酒と筋トレの関係性について徹底解説

どーも!ゆたぽんです。

筋トレで体を大きくするぞ!

だけど、お酒も好きです…。

本当にお酒飲みながらだと筋肥大は出来ないの…?

今日はあなたのこんな悩みを解決します!!

この記事を読んで分かる事

  1. お酒と筋肉の関係
  2. お酒が筋肉に悪いと言われる理由
  3. お酒が太ると言われている理由
リス
酒飲みながら、筋肥大!!
ハリネズミ
それ最高!だけど、アルコールは筋肉に悪いっていうし…。

僕の経験上、

お酒好き
×
筋トレ好き

こんな人は多い印象を受けます。

 

だけど、皆さんの中の印象ではマッチョは酒を飲まない。

 

こんな感じでしょうか。

 

何故なら、お酒は筋肉に良くない。

 

とされているから。

 

これは間違いないです。

 

では、お酒を飲んでいたら筋肥大は絶対に無理なのでしょうか?

 

結論

お酒を飲んでいても筋肥大はする

です。

 

 

僕の経験上からもこれは絶対です。

 

しかし、お酒が筋肉に悪いのは事実です。

 

さらに、ダイエットの敵でもあります。

 

これらについて今日は解説していきたいと思います。

お酒と筋トレの関係性

お酒と筋トレの関係性はあまりよくありません。

 

何故なら、以下の3つの理由からです。

  1. コルチゾールの分泌
  2. 肝臓への負担
  3. テストステロン分泌の低下

 

以上の理由からお酒と筋トレの関係性は最悪です。

 

筋合成が全くできなくなる。なんて事にはなりません。

ハリネズミ
うぜぇ。
リス
無駄に驚かすな…。

 

しかし、確実に筋合成の妨げになる事は間違いないでしょう。

 

僕の経験では最悪体を壊す場合もあります。

お酒と筋トレの関係性➀コルチゾールの分泌

お酒と筋トレの関係性➀はコルチゾールの分泌です。

 

コルチゾールは筋肉を分解して体のエネルギーに変えてしまう。

要は、カタボリックを起こしてしまうんです。

 

そもそも、コルチゾールを説明すると

  • 身体的・精神的
  • ストレスを感じると分泌されるホルモン
  • 別名:ストレスホルモン

です。

 

お酒に含まれるアルコールは基本的に人体に毒です。

 

なので、

  • 肝臓で
  • アルコールから
  • アセトアルデヒドに
  • アセトアルデヒドから酢酸に
  • 酢酸から最終的に水と炭酸ガス

に分解されます。

 

これだけの工程を踏んでやっと分解されるアルコール。

 

相当毒素が強く体に与えるストレスも大きいのです。

 

そのため、

  • コルチゾールが分泌され
  • コルチゾールが筋肉を分解する

 

といった事になってしまいます。

お酒と筋トレの関係性②肝臓への負担

お酒と筋トレの関係性②は肝臓への負担が大きい点です。

 

筋トレをしていると必然的にタンパク質を多くとります。

 

そして、その全ては肝臓で代謝されます

  • タンパク質の代謝
  • アルコールの代謝

このこの二つの代謝以外にも肝臓には体をケアする様々な仕事が多く負担が掛かっています。

 

その中でも、この2つの代謝による肝臓への負担はかなり大きいです。

 

何故なら、僕は一度お酒が全く飲めなくなりました。
(今は飲める)

 

昔の僕は

  • 1晩で一升瓶空ける
  • 2週間で4Lのウイスキーを飲み干す
  • 毎日5杯以上ハイボールを飲む

と、かなりお酒を飲んでいました。

ハリネズミ
よくアル中にならんかったな。
リス
ほんとそれ。よかった。よかった

 

しかし、社会人になって筋トレに最も比重を重く置きました。

 

その分タンパク質の摂取量が体重の3倍近くに増えました。

 

そんな生活を続けて数カ月、久々にお酒を飲むと全部吐き出してしまうんです。

 

要は毒を代謝出来ずに強制的に体外に排出してしまっていたんですね。

 

タンパク質の摂取量を減らしてからは通常に戻りました。

 

なので、

タンパク質
×
アルコール

のコンビネーションは肝臓にとって最悪と言えます。

お酒と筋トレの関係性③テストステロン分泌の低下

お酒と筋トレの関係性③はテストステロンの分泌の低下です。

 

お酒を飲むと筋肉に重要なテストステロンの分泌が低下します。

 

テストステロンとは

  • 男性ホルモンの一種
  • 気持ちが向上する行動
  • 例えば、筋トレ、闘争、浮気
  • などをすると大きく分泌されるホルモン

 

そして、テストステロンの効果を分かりやすく説明すると、

  • 筋肉をより合成しやすく
  • 筋肉をより分解しにくくなる

結局この2つになります。

 

この2つの効果がお酒により奪われる事になるので後はもう想像できますよね。

 

アルコールの摂取によるテストステロン分泌の減少は筋肉に大きなマイナス影響です。

お酒とダイエットの関係性

お酒とダイエットの関係性も良くありません。

理由は以下の3つから。

  1. 睡眠の質を低下
  2. 脱水による基礎代謝の低下
  3. つまみ問題

ダイエットに関しても、お酒を飲んでいるからと言って、全く痩せないわけではないです。

 

僕自身ダイエットの時にお酒を飲んでいても痩せていました。
(末期になると流石に控えます。)

 

体脂肪率10%程度であればお酒を飲みながらでも十分落ちます。

 

しかし、それでもお酒は確実にダイエットに弊
害になります。

ハリネズミ
じゃなかったら、末期でも酒飲んでる。
リス
一つだけ言えるのは減量後の酒は体に染み渡るという事

その理由を一つ一つ解説していきたいと思います。

お酒とダイエットの関係性➀睡眠の質

お酒とダイエットの関係性➀は睡眠の質が低下する問題です。

 

ダイエット中は睡眠がとても重要になります。

 

 

僕の体感では寝ている時にどんどん絞れて行くようなイメージがあります。

ハリネズミ
じゃあアルコールは眠くなるからいいじゃん!
リス
ダイエット中に寝れない時はお酒飲むか!

いやいや、違うんですよ。

 

アルコールは睡眠の誘導作用が確かにあります。

しかし、同時に脳を覚醒させる作用もあるんです。

 

そのため、睡眠の質がどんどん下がってしまって結果ダイエットにも悪影響

 

という訳になるんです。

お酒とダイエットの関係性②脱水

お酒とダイエットの関係性②は脱水問題です。

脱水をしてしまうと体内の血液の循環も悪くなります。

 

そうなると、

  • 基礎代謝が下がる
  • 体の隅々まで栄養が行き届かない
  • 結果痩せにくくなる

こんな事になります。

 

そして、アルコールには強い利尿作用があります。

 

缶ビール2本も飲めばめっちゃトイレ行きたくなりませんか?
あれです。

 

それが続くと体内の水分がどんどん失われていきます。

 

そして、脱水になるんです。

 

結果ダイエットにも悪影響なんですね。

お酒とダイエットの関係性③つまみ問題

お酒とダイエットの関係性③はつまみ問題です。

 

シンプルにお酒を飲むときに食べるつまみのカロリーは消費されません。

 

お酒はエンプティカロリーと言って全て熱として放出されます。

 

その為お酒が直接太る原因にはなりません。

 

しかし、

  • お酒を飲んでいる時の
  • 食べ物のカロリーは
  • 消費されない

特性があります。

そのために、もろ太る原因になってしまうんです。

お酒と筋トレの関係性:まとめ

お酒と筋トレの関係性:まとめです。

 

お酒を飲みながらでも筋トレは出来ます。

筋肥大もします。

 

僕自身お酒が好きでお酒を飲みなら筋トレをしていました。

だからこの事は間違いないです。

 

しかし、間違いなく悪影響はあるんです。

 

その悪影響は以下の3つ

  1. コルチゾールの分泌
  2. 肝臓への負担
  3. テストステロン分泌の低下

 

ちなみに、ダイエットにも悪影響がありそれが以下の3つ

  1. 睡眠の質を低下
  2. 脱水による基礎代謝の低下
  3. つまみ問題

 

もし最短距離でマッチョになりたいならお酒の量は控えるに越した事はないです。

 

今日も何か一つでも有益な情報をお届け出来ていれば幸いです。^^v

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 ケイ素(シリカ)がいいって効くけど 一体何なの? ケイ素(シリカ)最近海外なんかでも少しずつ有名になってきている成分ですよね。 実はこのケイ素めちゃくちゃ有能なんです。 この記事を読んで[…]

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 筋トレって健康にいいんでしょ? でもなんでなの? 具体的に知りたいなぁ。   はい!!という事で、今日はこんな質問に答えていきます。   この[…]

関連記事

どーも!ゆたぽんです。 ジムには行きたくないし…。 器具を取り入れてみようかな? こんなあなたに!   これだけ 使っとけば 間違いない!!   […]