抗酸化作用を上手に使って活性酸素を抑えよう!20代からアンチエイジング。筋肉の疲労回復にも。老化の原因

どーも!ゆたぽんです。

最近疲れ気味だなぁ…。
肌の調子も気になるし。
まだ20代なのに…。泣

こんな人いませんか?
多分それ、活性酸素が噴き出てますよ?

活性酸素は、疲れの元・老化の原因と言われています。

この活性酸素をうまく抑え込むことが、

  • アンチエイジング
  • 疲労回復

に繋がってきます。

抑えるには、

「カルノシン・アンセリン」

がオススメなんです。

は?呪文ですか?

こんな感じですよね。

なので、今日は

老化・疲労の元

  • 活性酸素

それを予防する、

  • カルノシン・アンセリン

を紹介したいと思います。

この記事を読んで分かる事。

活性酸素とはなんぞや

老化・疲労の原因とはなんぞや

カルノシ・アンセリンとはなんぞや

活性酸素とは、

酸素を吸う

酸素が他の物質と合体

酸化

活性酸素の完成

ざっくりこんな感じの流れで活性酸素は出来上がります。
活性酸素の活性とは
『強い酸化作用を持った不安定な物質』
を意味しており、
その影響力はかなり強いです。

主な活性酸素の種類は

  • 過酸化水素
  • 塩素系ラジカル
  • 水酸化ラジカル
  • 窒素系ラジカル

などがあります。

活性酸素の影響力

活性酸素の影響力が強いのは
なんとなく分かったけど
具体的には?

こんな感じですよね。
活性酸素は体内で必要な栄養素ですが

増えすぎてしまうと体に害を与えてしまいます。

活性酸素のメリット➀免疫機能

活性酸素のメリットとして、
免疫機能の向上があげられます。
具体的には、

  • ウイルス・細菌の駆除
  • がん細胞への攻撃

などがあげられ、
血液中の白血球が
体内に侵入したウイルスや細菌を攻撃するのに

活性酸素を利用するといった具合です。

活性酸素のデメリット➀正常な細胞も攻撃する

ウイルス・細菌・がん細胞を
攻撃し終えて、それでも
余った活性酸素は、
なんと、
体内の正常な細胞を攻撃しはじめます。
これによって、生じる具体的なデメリットが

  • 老化
  • 疲労

の原因になってしまうんです。
プロセスとしては、

活性酸素が細胞を傷つける

細胞が死滅する

細胞分裂により再生

しかし、細胞分裂には
限りがあるため=老化の促進

こういったプロセスで、人の体は老化していくわけです。

更に細胞を攻撃されると

その回復に体力を使わないといけないので、

単純に疲労も蓄積されていきます。

活性酸素の原因

活性酸素が生まれるプロセスは
基本的に呼吸と・ミトコンドリアによる生産です。

ミトコンドリアとは体を動かすエネルギーである、ATPを生産している物質。

ミトコンドリアが、
栄養と酸素を材料にして、エネルギーを生産する過程で、
出来てしまうのが、活性酸素です。
分かりやすい例えをすると、
車がガソリンと酸素でエネルギーを生み出す時に
生れる排気ガスと同じ要領です。
このことから、

  • 飲酒
  • 激しい運動
  • 睡眠不足
  • 加工食品の摂りすぎ
  • 喫煙

など、
大きく呼吸をする行為や、
解毒などによる大量のエネルギー消費などは
その分、活性酸素を生む原因になります。

活性酸素を抑えるには

活性酸素を抑えるには、

先ほどの原因をそもそも潰していくのが

確実ですが、

現代の生活ではほぼ無理でしょう。

なので、抗酸化作用を持つ成分を

積極的に摂取するのがオススメです。

活性酸素を封じ込めれば、

必然的に、

  • アンチエイジング
  • 疲労回復など

の効果があるため、オススメです。

抗酸化作用成分➀カルノシン・アンセリン

抗酸化作用を持つ代表的な成分の一つに
『カルノシン・アンセリン』があります。
カルノシン・アンセリンは、

別名、『イミダペプチド』とも呼ばれ、
ベータアラニンと、ヒスチジンが合体して出来たアミノ酸です。

  • 抗酸化作用
  • 筋肉痛など

疲労回復効果が高い事が証明されています。
カルノシン・アンセリンは、
先ほどあげた四つの活性酸素の内

  • 過酸化水素
  • 塩素系ラジカル

この二つの活性酸素を抑える効果があり、
これ一つとるだけで、

半分の活性酸素を封じ込める事が出来ます。

抗酸化作用成分②ビタミンE

ビタミンEも抗酸化作用があり、
先ほどの四つのうち、
水酸化ラジカルを抑えてくれる作用があります。

ビタミンEは、

  • トウガラシ
  • アーモンド
  • 抹茶

などに多く含まれていますが、
これらの食品は
普段中々摂取する機会もないと思うので、
サプリで摂取するのもオススメです。
しかし、ビタミンEには、
過剰摂取をしてしまうと人体に害があるのでその点は注意が必要です。

抗酸化作用成分③ビタミンC

ビタミンCは言わずと知れた
美容には欠かせない必須栄養素ですが
活性酸素を抑え込む効果もあります。
先ほどの四つのうち
窒素系ラジカルを抑えてくれます。
ビタミンCを多く含む食品は

  • ブロッコリー
  • ピーマン
  • パプリカ

などがあります。
これらの食品は日常生活でも、十分に摂取することが可能です。

因みに僕のオススメは
マルチビタミンのサプリを飲んじゃう事です。

カルノシン・アンセリンとマルチビタミン
この二つを飲むだけで、
4つの活性酸素を抑え込む事が出来るため、
効率的に

  • アンチエイジング
  • 疲労回復

をすることが出来ます。

活性酸素を上手に抑えて若さを保とう!

  1. 活性酸素は、日常生活の流れでどうしても出来る。
  2. 細菌・ウイルスを倒してくれるメリットも。
  3. 過剰に増えた活性酸素は正常な細胞を傷つける。
  4. 活性酸素を上手に抑えると
    ・アンチエイジング
    ・疲労回復につながる
  5. 活性酸素を効果的に抑えるには
    ・『カルノシン・アンセリン』
    ・マルチビタミンがオススメ
  6. 活性酸素を上手に抑えて若さを保とう!

今日も何か一つでも有益な情報をお届け出来ていれば、幸いです。^^b